teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 唐組「盲導犬」(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


土地だ~!

 投稿者:okj  投稿日:2017年 4月26日(水)21時36分56秒
  『イカール』考でますますつのる、函館という土地への憧れ。蝦夷共和国の幻影。私もすでに函館を愛してしまっているみたいだ!
eriさんのヴァリアント、みゆきちゃんの生活、よかったです。標津の自然とともにする生活は、圧倒的に美しくて、そして厳しいです。うらやましい・・・。かつての酪農、現在の狩猟、そこへ飛びこむ未来には希望がある!

 
 

『プロフェッショナル』ヴァリアント

 投稿者:eri  投稿日:2017年 4月26日(水)09時21分3秒
  『プロフェッショナル』のヴァリアントをぜみでとは!
22年前の映像です。
お持ちいたします。
 

次回★予告

 投稿者:  投稿日:2017年 4月21日(金)21時07分34秒
  次回26日の3限は、ルーヴルの所蔵する古代エジプト・メソポタミアの美術と、近代フランスとの関係について。
■3時すぎからは図書館関係。5時前から『イカール』を再上映。5時半すぎから、『プロフェッショナル』のヴァリアントも見て、いろいろ考えてみましょう。ERIちゃんよろしく!★
 

函館~!!

 投稿者:okj  投稿日:2017年 4月19日(水)20時54分16秒
  『イカール』、函館という自由都市の格をこれでもかと見せつけられました!降参です!ほんとうにすごい・・・。そして『イカール』を名作たらしめる★先生の文章。★先生がつきあう函館という町の人格が、わたしたちにつきまとって離れなくなる~!ノスタルジア。ユーモア。寂しくうつくしくかわいくおかしい。蝦夷共和国が見えてくる!
 

次回★予告

 投稿者:  投稿日:2017年 4月16日(日)16時29分32秒
  次回19日の3限は、古代エジプト文明と美術、それとヨーロッパ、フランスとの関係について、映像を見ながらお話します。 前回に配った地図を持参してください。

3時すぎからは貴重書関係。
5時半くらいから院★ぜみに入り、カナダや北海道、文化の多様性についてなど。『ナヌーク』の続きと、リクエストの多い『イカール』の映像を見ましょう。あとは久しぶりに鎮海楼かな。★

ttp://

 

多様性!

 投稿者:okj  投稿日:2017年 4月12日(水)20時19分19秒
  『極北のナヌーク』すばらしい!カナダの風土、多様性、シュルレアリスム、映画、追究したいですね!イカール文化圏ともつながることでしょう!
 

新年度ぜみ始動!

 投稿者:ymk  投稿日:2017年 4月10日(月)00時56分25秒
  ついに新年度ぜみがはじまりますね。
イカール星の貴重映像、ぜひみたいです!
 

来週★予告

 投稿者:  投稿日:2017年 4月 3日(月)10時49分4秒
  来週12日(水)から、今年度がはじまりますね。3限は例年どおり、古代オリエント。NHKヴィデオのほうを使います。

3時から図書館貴重書関係の話をして、院★ぜみは5時半から。今年度のテーマを決めましょう。希望があれば函館イカール星の貴重映像を見せます。
夕刻から恵比寿リブレリーシスで、大月雄二郎の個展「アカチバラチ」のパーティーがあるので、そちらへ出張することも可能。
ただし、リブレリーシスでは、15日(土)5時から、大月雄二郎と公開対談「アカチバラチ」をしますので、希望者はその日でもいいですね。
予約制ですが、まだじゅうぶん余裕があるとのことです。
今年度が最後の年です。よろしく!★
 

充実した1年でした!

 投稿者:magrittian  投稿日:2017年 1月29日(日)03時09分3秒
  すっかりお礼が遅くなってしまいましたが、今学期もぜみに参加させていただきありがとうございました。
残念ながら遅れてしまった最終回、okjさんとguwashiさんの書き込みを拝見し、どんなに魅力的な講義だったのだろうと想像(悶絶)するばかり…ですが、あらためて今学期を振り返り、とても刺激に満ちて充実したぜみだった…としみじみかみしめています。
岡崎さんのオブジェや伊勢崎さんの陶芸を観る楽しみ、そこから広がるアナロジー。言葉のひとつひとつを丁寧にすくいあげた『ナジャ』やランボー、ボードレールの詩。
自分で観たり文字を追うだけでは気づけなかった世界に出会えた喜びが多々ありました。
先生、そしてgoさんと皆さまに感謝です。来学期もどうぞよろしくお願いいたします。

大学はしばらくお休みで新学期が待遠しいですが、明日(今日)の対談、2月の講演と先生のお話を伺える機会が続き、まだまだぜみが続くようで嬉しい限りです。未知の世界との出会い、楽しみです。
 

今学期のゼミ。終わってしまった。

 投稿者:guwashi  投稿日:2017年 1月22日(日)11時49分36秒
  『ナジャ』のラストのル・サーブル島にはただただ唖然。
作品中に縦横無尽に張り巡らされているアナロジーを今更ながらに実感し、
先生がこの作品に費やされた時間の長さを理解しました。
凄すぎます。もっと知りたいです。

ボードレールのまだ見ぬ東方への憧れと、ここではないどこかでの甘美な日々への誘惑。
「旅への誘い」に即興でメロディを付けてくださった★先生。そしてAZさんの歌声。
声に出して読んでいくといつの間にか歌になってしまう!
官能の言葉が音となって連なる心地よさを体験しました。
また、前回のGOさんによるランボー「谷間に眠る者」では、
自然の息吹の中での死の余韻が頭から離れません。亡骸の脇腹の二つの穴の暗示も。
フランス詩って美しいうえに不思議です。

フランス語や詩を含め、かつて経験したことのない刺激に溢れた一年でした。
先生、皆様ありがとうございました。
来学期もよろしくお願いいたします。
 

レンタル掲示板
/115