teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


アメリカ アリゲイター

 投稿者:雅幸  投稿日:2013年 3月28日(木)06時04分26秒
  マイナス20℃近いミルウォーキーから、真夏のようなフロリダを経て、またマイナスの極寒地に来ております。
国内の時差やサマータイムで時間が変わったり色々と大変ですが、体調を崩すこともなく元気にやっております。
今回の目標は体調を崩さない事!
これ、当たり前の事なんですがなかなか難しんです。
自分の中では短期的な疲れと長期的な疲れの違いをちゃんと見極め、上手に抜いていくのがポイントかなと思っています。
ツアー中盤になって腰がきまりにくいとか、手が回りにくくなってくる事があるのですが、それもどこかで見落としていた長期的な疲れが原因だったりしますし、ツアーの後半もテンションだけで乗り切ってしまうと、終わって気が抜けた瞬間にしばらく体調を崩したりします。
食事は体調にすぐに影響するので、栄養はもちろんの事、美味しい物も食べないと気持ちから崩れてしまう事もあるのでかなり気を使いますね。

そして気持ちのリフレッシュももちろん大切。
そんなこんなで、少々文章の繋がりが無理矢理な気もしますが、休みの日にフロリダにあるエバーグレース国立公園という自然保護区の湿地帯に行ってきました。
公園と言っても面積は四国の1.5倍、、、。湿地帯をボートに乗って案内してくれるツアーに参加しました。
爆音で猛スピードのボートに大興奮、天気が曇りでお目当てのアリゲーターちゃんはウヨウヨとはいなかったのですが、それでも自然を満喫できました。

動物シリーズ第2弾
オーストラリアのコアラ、カンガルーに続き今回はワニ~!
 
 

アメリカ レコードに出会う

 投稿者:雅幸  投稿日:2013年 3月 2日(土)13時33分19秒
  写真はミルウォーキーの劇場。
ここはパブスト劇場と言ってアメリカで3番目に古い劇場だそうです。
パブストというのはビール会社の名前のようで、なんでもここは世界3大ビールの街。
ドイツのミュンヘン、アメリカのミルウォーキー、そしてなんと日本のサッポロらしいです
ここの劇場の地下にあるソファやテーブルのちょっとした癒しの空間、そこに懐かしのレコードのコレクションが置いてあって、ワタクシは少々興奮気味でした。
とは言っても決してレコード世代ではないのですが、高校バンド時代に雑誌なんかで見ていたジャケットがいっぱい。
ジャケ買いなんて最近は聞かないなぁなんて思いながら、レコードをセットして針を置く、
そして音楽が流れるまでワクワクする絶妙な間があって、心地よい音が流れてくる。
「なにこれっ、、、か、かっこいい」

もちろんipodやyoutubeは便利で僕らもよく利用しますが、やっぱり古き良きですかね~。
そのスピーカーから流れてくる音楽や音、そしてその空間までもが、すごく愛おしく感じてしまいました。
昔、ドラムをやっていた頃は音楽番組を録音しては、たまにしか映らないドラムのシーンを何度も何度も巻き戻しては、それこそテープが擦り切れる程見ていたなぁと。
情報が少ない分、そのテープがどれ程大切だったか。
芸は見て盗めとはよく言われますが、調べれば何でもすぐに出てきてしまう時代。
それを見てすぐに分かった気、出来た気になって、知らず知らずのうちにどんどん薄っぺらくなっていく。

きっと昔はみんなワクワクしながらレコードを買って、浸るように音楽を聴いていたのかな~。
音楽や音は、そんな風に大切な物であって欲しいな、楽器を演奏する者として大きな望みですね。
 

アメリカ 飛行機と肉

 投稿者:雅幸  投稿日:2013年 3月 2日(土)13時06分13秒
  アメリカはとてつもなく広い国、毎度の事ながらやはり移動には苦労しております。
今回も天候のせいで飛行機に大幅に遅れが出て思わぬ長時間移動になったり、どう考えても航空会社の責任のような気もするのですが、乗り継ぎが上手くいかずかなり遠回りをするはめに、そして挙げ句の果てには荷物が違う所へ飛んでいて、次の日の午後まで届かないという始末。
チェックインにも時間がかかるし、手荷物検査は靴まで脱がされる、そしてスーツケースもぶん投げられるおかげで今まで何人壊れてきたことか…。
日本の空港はなんて親切なんだろうと感じますね~。
でもそんな事でいちいち腹を立てていてはこの国ではやっていけない、寛容になりましょう。

そんなこんなで、我々太鼓打ちはお腹が空く!
元気の源はやっぱり肉!
アメリカは肉が安い!
それでも大食いの若手とレストランなんかで食べた日にはお財布が財政破綻してしまうので、スーパーで肉を調達!
ステーキなんて日本の半額くらいですかね~、そして赤身で柔らかくてかなり上手い&デカい!
後でポンドを換算したら一人800gくらい食べて「まだ食える」なんて言っている恐るべき若さ。
あっ、写真は部屋でパーティーとかではなく、単なる夕食ですのであしからず、、、。
 

アメリカツアー

 投稿者:雅幸  投稿日:2013年 2月15日(金)10時19分47秒
  皆様いかがお過ごしでしょうか。
またずいぶん更新が遅くなってしまいすいません。
こちらは只今アメリカに来ています。
個人的には4年ぶりのアメリカ、最初の地は鼓童としても初めての土地、ラスベガス。
ホテルの中にもカジノがあり、一歩外へ出るとテレビで見た事あるような派手なネオンがギラギラした街(写真はホテルの目の前、携帯しか持ってなかったのでダメダメ写真ですが、、、)。
久しぶりのアメリカで、この超大国がどのようになっているのか興味があったのですが、ラスベガスには良くも悪くも自分が想像し期待していた通りのアメリカの圧倒的なパワーを感じる事が出来ました。
小腹がすいて注文したハンバーガーも相当デカく、ポテトもメガ盛り、、、隣に座ったゴツい兄ちゃんになめられてなるものかと思い夜中にもかかわらず全部平らげてまいりました。
いや~、素晴しきアメリカ、、、。
2ヶ月の海外ツアーは食生活や言語等、気疲れも多く色々な面で大変ですが、なぜか今回はアメリカに対する興味もたっぷりと膨らんでいて楽しく過ごせそうな気がしています。
アメリカに着いて休みもないままあっという間に2週間が経ちましたが、たくさんの懐かしい再会もあり旅の醍醐味も感じています。
とは言え、今回は時差ボケがいつも以上にきつく、今も今だに眠れずの日々。
深夜にバッチリ目が覚めてしまい昼間は急に思考回路がゼロになるくらいの睡魔。
これがかなりきついんです。
また掲示板や写真等も更新していきますので、たまに覗いてみて下さい。
引き続きアメリカにしっかりとした太鼓の音を届けてまいります。
 

2013年

 投稿者:こころ  投稿日:2013年 1月 1日(火)12時09分40秒
  あけましておめでとうございます^^
本年も身体に気をつけてげんきな笑顔をみせてくださいね☆
いつも皆で応援しています
 

うれしい

 投稿者:あいすくりん  投稿日:2012年12月28日(金)00時41分41秒
   ここの場は、伝えたい感想や思いを伝えられるのがとてもいいですね。見てくれているのかな、と思うと、とても嬉しいですし。
 それに、公演の裏話みたいなことや坂本さんの日常も知ることができて、楽しく興味深いです。カナダ公演の、バレエと和太鼓なんていう組み合わせもふつうに考えたらミスマッチって感じで、ちょっと想像してみても想像もつかないけど…、どんな感じになるのかすごく観てみたくなります。
 でも、私に言わせれば、太鼓を叩く坂本さんたちがオーケストラピットにいて、音だけ聴くなんてすごくもったいないなあ、とも思ってしまいます。

 「鼓童」に、そして特に坂本さんに、また鹿児島に来てほしいと思っているけど、あ、自分がもっと動けばいいんだなとも思い直しました。鼓童の本拠地の新潟、佐渡もまだどんなところなのか全然知らないし、「今年は海外で鼓童を鑑賞」なんて言ってみるのもかっこいいし、いつかそんなこともしてみたいです。

 この前は、板東玉三郎さんの「情熱大陸」を観て、「よし、鼓童も映るはず!」と張り切って目を凝らしましたが、映ったのは玉三郎さんが若手の方への演技指導をしているところでした。鼓童の、共同生活をしている若い人たちは携帯なども持たない生活をしているとか。ちょっとびっくりしました。でも、だからこそあんな集中力が出るのかと納得もできます。

 私はファンだと言いながら、まだ坂本さん作曲の「Vanguard」もたぶん、…まだちゃんと聴いたことがありません。すごい出遅れていますが、今から、「暁」を注文して聴きます。(発売された頃に注文していたらDVDもついていたのに…気づくの遅すぎです、私。)

 もうすぐ今年も終わりますね。ゆっくり充電をしてください。
そしてまた来年の大活躍を楽しみにしています!

 

ワンアースツアー

 投稿者:たかはし  投稿日:2012年12月 8日(土)21時31分42秒
  新潟公演行ってきました(^^)
坂本さんの姿見れて良かったです!
目の前だったのでドキドキでしたー(^o^;)
メンバーが変わるとまた違って新鮮でした
最後の笑顔が最高で、また、機会があったら見に行きたいです♪
楽しい時間をありがとうございました!!
 

いつも素敵な時間をありがとうございます。

 投稿者:たぁ  投稿日:2012年11月11日(日)23時23分1秒
編集済
  カナダ公演おつかれさまです(^-^)充実した時間が過ごせた事が伝わってきます。食べる事って生きる源ですもんね!当たり前のように食べ物を口にできることがいかに有り難いコトで大切な事か…「いただきます」という言葉に感謝を乗せるのを忘れていました。ありがとうございます。

大聖堂、素敵ですね!実際見たら「うわ~!!!」と叫び声と共に視覚からダイレクトに心に飛び込んでくるんだろぅなぁ!と思います(*^。^*)


もうすぐ12月公演もはじまりますね、太鼓の音を通じて平和が広がればと言う願い、思いを行動としてたたき続けているという事で少しずつでも広がっていると私は思います。
初日、佐渡で会える事を楽しみにしています(^-^)!

追伸:小木祭のときは、ちゃんと挨拶もできず残念でした(T_T)と言うか、すみませ~ん。
 

カナダ

 投稿者:雅幸  投稿日:2012年10月25日(木)05時03分49秒
  カナダでの公演も残すところ3回となりました。
一カ所に長期滞在することはめったにないのですが、今回はここモントリオールに一ヶ月。
ありがたい事にアパートメントホテルにはキッチンが付いており、すぐ側には大きなスーパーや日本の食材が売っているお店もあります。なんと言ってもお肉が安い!鍋でお米も炊いて自炊の日々を過ごしています。
約2ヶ月間続くいつもの海外ツアーでは慣れない食事と外食がだんだんときつくなってくるのですが、食が安定するとこんなにも心身共に楽なものなのかとあらためて食の大切さを実感しています。
余談ですが、飯がうまい国は戦に弱いという話も、なんだか分かる気がします、、、。

かぐや姫公演はオーケストラッピットといって舞台と客席の間の下(地下?)で演奏するのですが、和太鼓の音や演奏が珍しいようで、リハーサル中もバレエダンサーや色々な人が興味津々で上から覗き込んできます。少し表現が良くないですが、動物園の猿山の中にいるような気分です。
お客さんの反応もひじょうに良く、僕もバレエは初めてなのですが、公演途中にも拍手が起こるほどです。
ダンサーも和太鼓のエネルギーに触発されて、いつもより踊りが激しんだとか、、、。

休日にはシルクドソレイユさんの本拠地を訪問させていただきました。5年前にもお伺いしたのですが、やはり規模も大きく毎回驚きの連続です。
そしてなんとブルーマンのメンバーの一人とモントリオールで再会。あっ、ご存知かもしれませんがブルーマンと鼓童が共演した番組がエミー賞にノミネートされています、嬉しい事ですね~、光栄です。日本食を食べに行きお祝いの乾杯をしました。
そしてモントリオールグランバレエにも日本人の方がいらっしゃって、少しバレエのレッスンをつけて頂いたりと充実した日々を過ごしています。

残りの公演もより高みを目指して頑張ってまいります!

 あいすくりんさん たかはしさん
ワンアースツアーご来場ありがとうございました。
そしてワタクシ参加してなくてすいません。
それでも新しい舞台を満足して頂けたようで何よりです。
最初のシーン等とても奇麗で僕も大好きです。
まだまだ可能性を秘めている舞台、また近くで公演の際には是非足を運んで下さいね。

写真は旧市街にあるノートルダム大聖堂、セリーヌディオンが結婚式を挙げた場所だそうです。
そしてレッスン後にダンサーの方と記念撮影
 

最高でした!

 投稿者:あいすくりん  投稿日:2012年10月14日(日)22時25分4秒
  鼓動の公演、行ってきました。

やっぱり、間違いなく最高でした。
坂東玉三郎さんの演出?ということで、今までとは違う趣向もあったけれど、
それも新鮮に感じたし、最後はやっぱりいつもの鼓童スタイルも見られて
2時間があっという間に感じられました。
太鼓や篠笛の心地いい音色はもちろん、あの何ともいえない緊張感や
すごい集中力、静と動…聴きながらこちらも一緒に息を飲む感じ、すべてに
魅了されました。
鼓童初体験の友達も、感動して涙が出てしまったと言っています。

若手の人たちが、こんなに後に続いているというのも本当に素晴らしいと思います。
これからもずっと楽しみに「鼓童」の活動を追いかけていきます。
 

レンタル掲示板
/48