新着順:139/229 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 遅ればせながら・・・2

 投稿者:退役軍人メール  投稿日:2007年12月 7日(金)20時37分0秒
  通報 返信・引用
  > No.93[元記事へ]

コップ酒さんへのお返事です。

> こんにちは。
>
> 遅ればせながら、サイト開設、おめでとうございます。
> 旧老人党掲示板参加者の便宜のため、できるだけ同じ体裁で、
> という管理人様の細やかなご配慮に、ぷち感動しました。

ありがとうございます。
パソコンは習うものじゃあなくて、慣れるもんだ。というのが基本にありましてね。

先達に、もう一度慣れる過程を強いるのは避けたかったのです。

> トップの写真は管理人様と奥様のお写真でしょうか
> (あっ、お答えいただくなくても結構です;すみません)、
> 混沌とした世の中を連想させる薄暗いなかに、ひとすじの
> 光明とその下で手と手を合わせる絵、なんだかとっても
> 温かくて素敵だと思いました♪

写真が誰かは、サイト建設主任の「某氏」しか知らないんです。
私も誰かしらない。(笑

任せると決めたら、バックアップとか対外折衝に専念して事細かな事は言わない。

ってのが、普段の私の仕事のスタイルなんで。(笑

そのまんまです。

私の推測では、左側の人は「某氏」じゃあないかなと。
実は、右側の女性が誰なのか。
すごく気になってたりします。(笑

手を握るというのは、親密な関係の証でもあるし。
それに、ほら「女性が男性を受け入れる、最初の一歩」でしょ。(微笑

最初に嫁さんの手を握らせてもらった「三十うん年前の出来事」は、今でも鮮明に憶えていますよ。場所とか日付まで忘れていないし、天気だとか、空気の硬さ(とても寒い冬の晴れた日でした。)とか、握らせて貰った手の柔らかさとか、温かさなんかも。

慌てて出てきて、手袋を忘れた嫁さんに私の手袋を片方貸してね。
なかば強引に反対の手を握って、私の手と一緒に私のジャンバーのポケットに突っ込んだ。

ちょっと驚いていたけれど、「暖かい」と微笑んだ笑顔、忘れないと思います。

それに、とても、とても、嬉しかったし。

今でも一緒に街へ出たりすると自然に手を繋ぎます。
時の経過と供に、間に割ってはいる手が娘になり、いつのまにか孫になりましたけれど。

> 私はロム専に回るかと思いますが、今後の御発展を祈念
> しております。失礼いたしました。

原則として自由なんで、得意の料理ネタのスレッドなんかも書いて見ようかと。

今晩のお菜のヒントになるかも。(笑

http://roujintou.com

 
》記事一覧表示

新着順:139/229 《前のページ | 次のページ》
/229