投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


待機モード5

 投稿者:かっくるなかしま  投稿日:2007年11月30日(金)10時22分25秒
返信・引用
  ▼退役軍人さん
どうもお疲れ様でした。

老人党公式サイト、および、なだいなだサロンの管理人さんには、
自然体でのご対応を頂き、ありがたく存じますm(_)m

>当たり前っちゃあ、当たり前なんですがね。

確かに、当たり前っちゃあ、当たり前なんっすが(^^
なださんの『心の底をのぞいたら』(1992、筑摩)、の第5章、「痛いと、手をひっこめる」ってのがあって、

じゃんけんするぞ、となったとき、
ヒトはもともとグーを出し易いらしんだが、
さらにそこで、じゃんけんぽ~ん、の、ぽ~ん、のところで誰かが大きな声を出したりすると、
ますますとっさにグーを出しやすい、ってのがあって、

今回のリンクのお願いも、当たり前っちゃあ、当たり前なんっすが、
一方で、ドットコム発足の経緯ってもんもありますんで、
<ひょっとしたら、グーばっかりでてくるのかな~>って思うところはありました。

ホッ。 ← リンクが張れてよかった、ではなく、そもそもの<意義>の喪失を免れた安堵かな
 

(無題)

 投稿者:あぶさん  投稿日:2007年11月30日(金)09時42分59秒
返信・引用
  退役軍人さん,お疲れ様です。
ビートルさんから条件付きながらリンクOKが出ましたか。
表紙もできましたね。
 

揃ってきましたねぇ

 投稿者:tomyk  投稿日:2007年11月30日(金)07時00分25秒
返信・引用
  ▼退役軍人さん

おはようございます。
サイト開設準備と外交折衝お疲れ様です。

主要なリンク先が揃ってきましたね。
後は世直し老人党だけですか。
これだけ老人党関係で主要なリンク先を確保できれば、問題無いとは思いますが。
サイト完成が待ち遠しいです。
 

当たり前のことだけれど

 投稿者:退役軍人メール  投稿日:2007年11月30日(金)02時53分46秒
返信・引用
  各位殿

当たり前っちゃあ、当たり前なんですがね。

老人党ドットコム、はリンクフリーです。

さて、仕事の図面も書いてしまったし。

皆様、お休みなさい。

http://roujintou.com

 

なだいなだのサロン リンク回答

 投稿者:退役軍人メール  投稿日:2007年11月30日(金)02時41分3秒
返信・引用
  各位殿

なだいなだ の サロン 管理代行の方から、回答がありトップページへのリンク許可を頂きました。

条件について

1).トップページのみへのリンクとする。
2).回答メールの公開は代行なので勘弁して下さい。

管理代行さんのメールには、他に二点ほど要望がありました。
しかしながら、公開は勘弁してほしいとの管理代行さんの要望を入れて公開致しません。

要望 その1 は、丁重にお断りいたしました。
要望 その2 は、ご要望に沿いました。

如何に、公開の原則を徹底するとは言え「メールは私信」ですので、ご理解の程を。

以上

http://roujintou.com

 

新老人党リンク回答

 投稿者:退役軍人メール  投稿日:2007年11月29日(木)23時13分38秒
返信・引用
  各位殿

新老人党のビートル管理人さんから、以下の条件で了解頂きました。

1).トップページのみへのリンクとする。
2).回答メールの公開は拒否する。

以上です。

ビートル管理人さん、ありがとうございました。

http://roujintou.com

 

待機モード4

 投稿者:かっくるなかしま  投稿日:2007年11月29日(木)23時09分41秒
返信・引用
  お~、だいぶできてきました~。  

どうですかねぇ。

 投稿者:  投稿日:2007年11月29日(木)22時07分37秒
返信・引用
  ん~~。
なだ氏は、「自ら」リンクフリーを掲げるスタンスでないと「まずい」でしょう。
でないと掲げる理念や立場から、えらく逆転した状態になってしまいますから。
この結果を見て、「老人党」が社会にとって有益となるものか害悪となるものか、判断で
きますよね。
さて、なだ氏の喧嘩上手を拝見させて頂きます。
 

Re: リンク要請 その3

 投稿者:かっくるなかしま  投稿日:2007年11月29日(木)16時49分42秒
返信・引用
  > No.42[元記事へ]

退役軍人さんへのお返事です。

ご意見拝聴板、拝見しました。
ご尽力、ありがとうございました。
>なだいなだ氏に以下の文面でメールを送信し、またご意見拝聴掲示板へ投稿いたしました

お~、ありがたいことです。
笹井さん、どうもありがとうございましたm(_)m
>護憲+の笹井明子さんから、リンク了承のメールを頂きました
>>退役軍人さん ご連絡を有難うございます。
>>リンクの件は了解しました。趣旨に沿った実りある議論が行われるよう、お祈りいたします。
>>笹井明子

ではまた。
 

リンク要請 その3

 投稿者:退役軍人メール  投稿日:2007年11月29日(木)14時51分6秒
返信・引用
  各位殿

なだいなだ氏に以下の文面でメールを送信し、またご意見拝聴掲示板へ投稿いたしました。

>ご挨拶

>なだいなださん

>退役軍人@老人党ドットコム開設者&運営者&管理者です。

>この度、貴兄が提唱される「半分でも老人党」「とりあえず政権交代」に賛同し、関連サイトとして「老人党ドットコム」を開設いたします。

>新設サイトのURL  http://roujintou.com
>開設準備掲示板の URL http://6725.teacup.com/veteran/bbs

>つきましては、ご挨拶とリンク設定のお願いです。

>貴ホームページのトップページに弊サイトよりリンクを張らせて頂きたいと考え、可否をお知らせいただければ幸甚です。貴サイトにリンクに関する記述を見つけ出せない故のお願いです。

>メールでも同じ内容でご挨拶とお願いを申し上げております。

>弊サイト「老人党ドットコム」は標榜する原理原則に忠実な運営を目指してまいります。

>老人党ドットコムの原理原則

>★閲覧自由
>★投稿自由
>★公開の原則

>投稿規定は二つだけ。

>★公序良俗に準ずる。
>★日本国が制定した法律に準ずる。

>よろしくお願いいたします。

>追伸

>このお願いについての貴兄とのやり取りは弊サイトの「公開の原則」に基づき、開設準備掲示板で公開させて頂きます。

>公開を望まれないのでしたら、返信にその旨を示して頂きます様お願い申し上げます。

>その場合、結果のみ公開することにいたします。

http://roujintou.com

 

笹井明子さんから了解を頂きました。

 投稿者:退役軍人メール  投稿日:2007年11月29日(木)14時45分52秒
返信・引用
  各位殿

護憲+の笹井明子さんから、リンク了承のメールを頂きました。

>退役軍人さん ご連絡を有難うございます。
>リンクの件は了解しました。趣旨に沿った実りある議論が行われるよう、お祈りいたします。
>笹井明子

笹井さん、ありがとうございました。

http://roujintou.com

 

Re: 待機モード3

 投稿者:退役軍人メール  投稿日:2007年11月29日(木)13時55分58秒
返信・引用
  > No.39[元記事へ]

かっくるなかしまさんへのお返事です。

> おはようございます。ちと、考えてみましたが、
> 「老人党」を冠した新サイトの発足なわけっすから、
> ごく自然体で、なださんにご挨拶を入れておく~リンクの件を含めて~んでよろしいんじゃないでしょうか。

まぁ、そうなんですけどね。

私見ですけれど、リンクを認めるか、あるいは認めないか、これは開設者の意思表示として結構大事な部分であると見ていましてね。

「玄関の開き方」というか「入り口にフィルター」というか、私が忌み嫌う「排除の論理」に繋がる部分であるとみています。

リンクに関する意思を明確にしないというのは、ある意味で「ずる賢い」というか、プラクティカルな管理の仕方として、また局地的な戦術としては有効なのです。

つまり、リンクを要請した相手によって態度を変えられるという意味で。

但し、その経緯を公開できないのです。この経緯を明らかにしてしまうと、態度が一貫してないと公言してしまうに等しい。

開設者・管理者としての「筋」というかポリシーの部分で脆弱さをさらけ出してしまう。

旧老人党サイトでの、ペナルティ制の導入とか、それに基づく「アクセス禁止」なんてのと異種同根なんです。

事例ごとの対応の違いで、管理者の本音と建前のギャップが明らかになってましたよね。

公開の原則を守ると標榜しながら、事実上「排除の論理」による局地的な戦術として好ましからざる投稿者を排除していた訳で。

リンクフリーを標榜している「護憲+」ですが、実質的にメンバー登録制で「発言の機会」に枠を嵌めている。

サイトの移転という出直しイベントを機会に一部の投稿者には閲覧することさえ制限してしまった「老人党本家」。

公開したと標榜しているけれど、同じような制度で「発言の機会」に制限を加えている「世直し老人党」。

なんだかなぁ。..........

仮に、ポルノサイトのような「有害サイト」にリンクされてしまったら「公序良俗」の範疇を超えると判断できますからね。それに、リンク排除の経緯を公開して閲覧者や投稿者に対してきちんとした説明ができます。

まぁ、一部の病的愉快犯は排除されてしかるべきですが、考え方の違いで排除してしまうのは「敗北宣言」と同義ですから。

長くなってしまいましたけれど、やっぱり挨拶はしておかないと筋が通らない。

ご意見拝聴掲示板にご挨拶を投稿するのと、なだいなだ氏のメールアドレスが公開されていますから、同じ内容のメールを送っておきます。

> 両者の異質さが拮抗して、面白くだらなさが、醸し出されている。
> で、初期の老人党宣言での、赤瀬川さん的な<因子>が、忘れ去られ抜け落ちてゆくと、
> (「ボケはアヴァンギャルド」、「打てども響かない」etc的な要素ですね)
> ムーブメントは、特定の方向に収斂してゆく、純化してゆくんじゃあないか、そう観ているということです。

★純化してしまえば、幅の広さというかトーレランスを失う。
★ムーブメントの賛同者が減る。
★力を失う。

何度も観てきたような気もします。

http://roujintou.com

 

待機モード3

 投稿者:かっくるなかしま  投稿日:2007年11月29日(木)11時19分4秒
返信・引用
  おはようございます。ちと、考えてみましたが、

>老人党掲示板群のきっかけを作った人ですから、経緯に対する批判は別としてもそれなりに尊重すべきでしょうし。
>うーむ、それなりの敬意は払いたいし......かと言って他のサイトに対して要請しているのに、中心人物のサイトに要請しないのも筋が通らないような気もするし。

「老人党」を冠した新サイトの発足なわけっすから、
ごく自然体で、なださんにご挨拶を入れておく~リンクの件を含めて~んでよろしいんじゃないでしょうか。


ps
>> 本来、「1/3老人党」くらいは、<ウォッチャーのDNA>、だったんじゃあないのか、ってのがありますね~。
>私もウォッチャーでいたかったのだけれど、ここで沈黙したら大局的見地から「排除の論理」を認めたことになると思いましてね

どうも言葉足らずだったようで申し訳ないm(_)m

当初、老人党宣言じゃ、鶴見さんのような、いかにも(^^; というタイプの方々ばかりじゃなく、赤瀬川さん、南さんといった、C調(ハ長調)な方々(^^ が賛意を寄せていて、
「一歩引いて世の中眺め直して観りゃあ、それなりに面白もんだ、年寄り冥利に尽きる」
「おれは、道を忘れて徘徊してんじゃない、ただ路上観察してんだ」
「お~、なださんは最近、ボケたんじゃなく、ますます老人力に磨きがかかったようだな」
ってな感覚。

で、ちなみに、鶴見さんと赤瀬川さんが対談すると、こんな感じ(↓)。
http://www.tamabi.ac.jp/alt/project/lectur2000.htm
(出所:多摩美術大学、「芸術と人生-老人力と赤ん坊力」)
両者の異質さが拮抗して、面白くだらなさが、醸し出されている。
で、初期の老人党宣言での、赤瀬川さん的な<因子>が、忘れ去られ抜け落ちてゆくと、
(「ボケはアヴァンギャルド」、「打てども響かない」etc的な要素ですね)
ムーブメントは、特定の方向に収斂してゆく、純化してゆくんじゃあないか、そう観ているということです。
 

Re: リンク要請

 投稿者:tomyk  投稿日:2007年11月29日(木)04時44分34秒
返信・引用
  > No.36[元記事へ]

退役軍人さんへのお返事です。

おはようございます。

> 私が引っかかっているのは、政治への関連があるにせよ「作家」なだいなだのホームページであるからです。
>
> 政治や思想と関係なく、作家なだいなだのファンも訪れていらっしゃるでしょうし。

自分の意見としては、「作家」なだいなだではあるが、行われている内容は「老人党提唱者」としての活動と見受けられます。

打てば響く、なだいなだのブログ、どちらも十分政治的では無いかと。
なだいなだ氏には、老人党提唱者としての「責任」もあるのですし^^;
氏自身、老人党の輪が広がるのは大変良いことだと言ってませんでしたっけ?

氏だけのけ者にするのはどうかなぁと思った次第。
新掲示板の再設定には氏の意向が大きく反映されているわけですから。

失礼しました。
 

待機モード2

 投稿者:かっくるなかしま  投稿日:2007年11月29日(木)01時30分23秒
返信・引用
  こんばんは。
しらふです(^^;

>私が引っかかっているのは、政治への関連があるにせよ「作家」なだいなだのホームページであるからです。

相当にくだらない、飲み屋さんで女子の受けを狙った大人の不純な動機による(^^;;
絶対に役に立たない使えない<フランス語事典>をしたたためているんで、
いましばらく、あとからでも、いいかも(^^;

ではまた。
 

Re: リンク要請

 投稿者:退役軍人メール  投稿日:2007年11月29日(木)00時46分8秒
返信・引用
  > No.33[元記事へ]

tomykさんへのお返事です。

> 退役軍人さんへのお返事です。
>
> ふと思いついたのですが。
> なだいなだのサロンの方は要請されないのでしょうか?
> あちらにも老人党関連のリンクがありましたし。
> いかがでしょうか?

要請すべきか、要請するべきではないのか。
判断が出来ずに思案中です。

ご意見拝聴板にお願いするのも、どうしたものか。
あちらは、個人のホームページですからねぇ。

メールでお知らせするのもどうかなぁ。
ホームのコンテンツを確認しましたけれど、リンクに関する記述を見出せないでいます。

老人党掲示板群のきっかけを作った人ですから、経緯に対する批判は別としてもそれなりに尊重すべきでしょうし。

うーむ、それなりの敬意は払いたいし......
かと言って他のサイトに対して要請しているのに、中心人物のサイトに要請しないのも筋が通らないような気もするし。

困った。
皆さんはどう思われますか。

私が引っかかっているのは、政治への関連があるにせよ「作家」なだいなだのホームページであるからです。

政治や思想と関係なく、作家なだいなだのファンも訪れていらっしゃるでしょうし。

うーむ、悩ましい。

http://roujintou.com

 

Re: よろしくお願いします。

 投稿者:退役軍人メール  投稿日:2007年11月29日(木)00時35分48秒
返信・引用
  > No.32[元記事へ]

PEP25さんへのお返事です。

> お別れのご挨拶をしたと思ったら、新掲示板のお知らせを発見。
> 嬉しいですね~。退役軍人さん本当にありがとうございます。
> また、皆様よろしくお願いいたします。

ご挨拶、ありがとうございます。

楽しくやりましょう。

ひとつよしなに。

http://roujintou.com

 

Re: 待機モード(^^

 投稿者:退役軍人メール  投稿日:2007年11月29日(木)00時32分32秒
返信・引用
  > No.29[元記事へ]

かっくるなかしまさんへのお返事です。

こんばんは。

> ↓ うわっ(^^;;
> >右派老人党の掲示板も容赦のない批判の対象として貰いたいと

その批判に耐えられる論理による主張しか生き残らないことになります。

厳しいといえば厳しいでしょうが。

大丈夫でしょ。
粛清の嵐を生き延びた投稿者しか残っていなかったもの。(笑

> そういえば、老人党宣言に寄稿していた赤瀬川原平さんとか南伸坊さんとか、なんか脱力系で路上観察系なんっすよ。
> http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B7%AF%E4%B8%8A%E8%A6%B3%E5%AF%9F%E5%AD%A6%E4%BC%9A
> (出所:Wiki、路上観察学会)
> おれの愛読する、故・杉浦日向子さん(江戸風俗研究家)とか、同じく水木さん・京極さん・宮部さんにばっちり連なる荒俣さんとかも、路上観察系だし(↑)。
> 本来、「1/3老人党」くらいは、<ウォッチャーのDNA>、だったんじゃあないのか、ってのがありますね~。

私もウォッチャーでいたかったのだけれど、ここで沈黙したら大局的見地から「排除の論理」を認めたことになると思いましてね。

原則放置というのは、「閲覧の自由」と「投稿の自由」を守るという自身の矜持に忠実でありたいから。

投稿者の皆様に守って頂くのは「公序良俗」と「日本国が定める法律」だけ。

私の他サイトへの要望や、他サイトからの要望は全て公開するという「公開の原則」にも忠実でありたい。

まぁ、「ありのままに」で良いじゃあありませんか。

最初から、肩に力が入るとろくなこたぁないと経験的に知っていますし。

楽しくやりましょう。

http://roujintou.com

 

Re: リンク要請

 投稿者:tomyk  投稿日:2007年11月28日(水)23時37分34秒
返信・引用
  > No.26[元記事へ]

退役軍人さんへのお返事です。

ふと思いついたのですが。
なだいなだのサロンの方は要請されないのでしょうか?
あちらにも老人党関連のリンクがありましたし。
いかがでしょうか?
 

よろしくお願いします。

 投稿者:PEP25メール  投稿日:2007年11月28日(水)23時07分15秒
返信・引用
  お別れのご挨拶をしたと思ったら、新掲示板のお知らせを発見。
嬉しいですね~。退役軍人さん本当にありがとうございます。
また、皆様よろしくお願いいたします。
 

/12