投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


資源が理由にはならない

 投稿者:tomyk  投稿日:2007年12月 2日(日)14時29分1秒
返信・引用
  世直しでの投稿。

>http://memweb.net/bn/Mf.exe?Parm=newrojin!NSKijiH&Val=DATA!NSN0025&SYSKEY=0400&SP=

アメリカが資源目当てに北朝鮮に急接近とな?

>http://news.tbs.co.jp/newsi_sp/intelligence/

さてさてどうでしょうかねぇ。
テロ支援国家指定解除にはいくつもハードルがありますしね。
核問題がクリアーできるかも実の所不透明であり、北朝鮮国内核施以外にも中東に乗り出しているという報道がありますしね。

>http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=91602&servcode=500§code=500

イスラエルがシリアに核関連疑惑施設があると判断して空爆を行い、そこに北朝鮮の技術者が・・・ということです。
それに正直資源ごときでアメリカが日本を現状で引き離すような政策は取らんでしょう。

目的は完全に北朝鮮を無害にするということだけですしね。

どうにも説得力が沸かない記事ではあります。
 

エコノミークラス

 投稿者:退役軍人メール  投稿日:2007年12月 2日(日)02時38分5秒
返信・引用
  皆様

世直し老人党掲示板でウミサチヒコ氏が、吠えてた。

よっぽどエコノミークラスで10時間の旅が不愉快だったらしい。
乗客とクルーは違う飯で、クルーはもっと旨い飯を食ってるはずだとか。(笑

クルーの名誉の為に言っておくと、クルーは食事を配り終えた後に残った物を食べてます。

ほとんどの場合、二種類用意されていますから好きでも嫌いでも残った種類を食べなければならないそうです。

↑ANAのアテンダントクルーだった友人の奥さんの話です。

一月程度でメニューは変わるけれど、その一月の間に同じ路線に何回も乗ると同じものばっかりだそうで。

キャプテンとコパイロットは、原則として同じ物は食べない。
両方とも食中毒になったりしないように。

これは、軍用機も同じですね。

長距離を飛行する輸送機に何度か乗りましたけれど、中身がわからないランチボックスに印がつけてあって、機付長がまずキャプテンに「どちらにしますか」って聞いてましたねぇ。

閑話休題

欧米路線のように10時間を越える路線では、実質四クラスになってます。

ファースト・ビジネス・プレミアムエコノミー・エコノミーです。

五六年前までは、顧客がビジネス料金を支払ってくれてたのだけれど。
経費節減で、今はエコノミー料金しか支払ってくれない。(涙........

まぁ、正規の普通料金なのでプレミアムエコノミーには座れます。
飯はエコノミーと同じだけれど椅子が十年前のビジネスの椅子なんで楽です。

私のように100Kgを超える体重でエコノミーの十時間以上は本当につらい.....

ウミサチヒコ氏の怒りも理解出来ますけどね。

違う飯を食ってるはずだとか、邪推しちゃあいけませんや。

http://roujintou.com

 

引用についての再確認

 投稿者:tomyk  投稿日:2007年12月 2日(日)01時08分40秒
返信・引用
  > No.70[元記事へ]

>退役軍人さん
>皆様

> リンクは張らずとも、世直し老人党サイトで公開されているコンテンツに対して、著作権法にいう「引用」の規定を遵守して批判すれば良いだけのことですしね。

言わずもがなでしょうが、再確認のために引用権について比較的解りやすくまとまった記述が阿修羅掲示板にあったので、URLぺったんこ。

>ttp://www.asyura2.com/0403/dispute18/msg/840.html

一応直リン避けときます。

面白いのは無視しろ!と言いつつ、こちらを凄い気にしているということが丸解りということでしょうか。
世直し老人党の面々、中々可愛いところがあると思いました。

>かっくるなかしまさん

>ま~よろしいんじゃないでしょうか(^^
>われわれは彼らと、マーケティング的には、(メインとするターゲット客層において)競合関係には「ない」し、

>むしろ、一連の顛末(=ターゲット客層の絞込み現象)の結果、われわれの「外部」において、力の均衡が崩れたんじゃないかと観ています。

実はこれ重要なんですよねぇ。
老人党という「場」がいきなり大きくなりたくさんのボールが転がっている状況ですからね。
そのボールを追いかけるプレイヤーのボール捌きを観客はどのプレイヤーが面白いか見てるわけですからね。
でも結構現状では団子状態でわ?^^;
老人党@ドットコムはまだフィールドができて無いし、元祖新掲示板はたくさんのプレイヤーを解雇してしまったw
世直しは・・・親衛隊しか入れませんしねぇ。
結構コアな観客しかついていないのではないかと心配するほどです。

>つまり、<本家>が、ある種の犠牲を払いつつも、ある領域において威信を回復する、ということが持つであろう「意味」、です。

よっぽどの「努力」が必要では無いかと考察します。
それこそ、管理スタッフの面々も己の職分を弁えながら議論に積極参加する必要はあるでしょうけど。
問題は、スタッフが問題ありと思った投稿は全部削除という、以前より厳しい方針を採用したことですね。
いかにお花畑にしないか、それもラフレシアが咲いているというお花畑ですがw

失礼しました。
 

待機モード6

 投稿者:かっくるなかしま  投稿日:2007年12月 2日(日)00時04分38秒
返信・引用
  こんばんは。
>無視すると言いながら無視できないんですねぇ・・・・。

ま~よろしいんじゃないでしょうか(^^
われわれは彼らと、マーケティング的には、
(メインとするターゲット客層において)競合関係には「ない」し、

むしろ、
一連の顛末(=ターゲット客層の絞込み現象)の結果、
われわれの「外部」において、力の均衡が崩れたんじゃないかと観ています。

つまり、<本家>が、ある種の犠牲を払いつつも、
ある領域において威信を回復する、ということが持つであろう「意味」、です。

ではまた。
 

Re: 世直し老人党への再確認依頼

 投稿者:退役軍人メール  投稿日:2007年12月 1日(土)23時28分21秒
返信・引用
  > No.69[元記事へ]

tomykさんへのお返事です。

いや確認しましたよ。
先ほど。

> 退役軍人さんへのお返事です。
>
> 何やらお断りの返信をしようとして、「皆から無視するべきと言われて無視しました」というお返事が世直し老人党に上がってましたよww
> それも影の代表、ウミサチヒコ御大からww
>
> 無視すると言いながら無視できないんですねぇ・・・・。
> いや、何ともはや。

なんだか私は、世直し老人党の皆さんからは、蛇蝎のごとく嫌われてますねぇ。

まぁ、予想していた通りの反応でして。

懐が浅いというか、度量が小さいというか、率直に言わせて頂くと小心なんだろうなと観ています。

護憲+の笹井明子女史の「女傑」ぶりというか、負けないぞという意識の高さや強さと比べるとねぇ。

議論に負けても命まで取られる訳じゃあなかろうに。

なんだかなぁ。

リンクは張らずとも、世直し老人党サイトで公開されているコンテンツに対して、著作権法にいう「引用」の規定を遵守して批判すれば良いだけのことですしね。

まぁ、リンクを張られるのはいやみたいですから。
世直し老人党へリンクが張られている「なだいなだのサロン」のトップページを紹介して、ここで探して下さいと書くことにします。

http://roujintou.com

 

Re: 世直し老人党への再確認依頼

 投稿者:tomyk  投稿日:2007年12月 1日(土)22時41分16秒
返信・引用
  > No.63[元記事へ]

退役軍人さんへのお返事です。

何やらお断りの返信をしようとして、「皆から無視するべきと言われて無視しました」というお返事が世直し老人党に上がってましたよww
それも影の代表、ウミサチヒコ御大からww

無視すると言いながら無視できないんですねぇ・・・・。
いや、何ともはや。
 

Re: 不思議。

 投稿者:でん  投稿日:2007年12月 1日(土)22時38分52秒
返信・引用
  > No.59[元記事へ]

英さんへのお返事です。

こんばんは、犬猫派に負けるのはくやしいので
ファイルでかかったので貼らなかったファイルをはるヽ(`Д´)/

めだか派もいるのだー

> 退役軍人さんほどの識者がサイト開設が苦手だったとは以外です。
> 苦労をしている某氏ともども、応援させていただきますよ。

あっしもメインのプロバイダではCGIちゅうなんだかわからんけどようするにあぶないプログラムを走らせてくれないサーバーもあって、このやろーてめーとか悩んだもんでふ。

某氏と援軍氏がおられれば問題も解決されるでしょうがC-board自体に癖があるならC-boardにこだわるものではありません。とはいってもC-board使わせてくれるサーバーがいいけど(^^;)

このあたりは情報管理の安全性の問題なので退役軍人さんにお任せですぢゃ。
老人党公式サイトとはうまくいっているようでほっとしています。
老人党どっと混む・・・あんまし行列して食うのは苦手なんだけど
適当に混みあってないとおもろないしね。

また~り期待しています。 失礼いたしました。 でん
 

c-boardのセキュリティ脆弱性について

 投稿者:退役軍人メール  投稿日:2007年12月 1日(土)22時38分31秒
返信・引用
  各位殿

以前から指摘されていたc-boardのセキュリティ脆弱性について検討いたしました。

色々と調べました。
詳しくは省きますが投稿者に対するセキュリティホールではない。つまり個人情報(投稿リモートホスト情報)など、これの漏洩の可能性は無いと判断いたしました。

メール送信のプラットフォームとして使えなくする、つまり通知機能(メール関連機能)などを使わなければ問題なさそうです。

可能な限り使いやすさという点を考慮してc-boardを使用する予定ですが、掲示板アプリケーションを変更する可能性もありますので、お知らせしておきます。

http://roujintou.com

 

Re: 不思議。

 投稿者:ワン太郎  投稿日:2007年12月 1日(土)22時09分33秒
返信・引用
  > No.59[元記事へ]

英さんへのお返事です。

> 退役軍人さんほどの識者がサイト開設が苦手だったとは以外です。
> 苦労をしている某氏ともども、応援させていただきますよ。

私も できる事なら お手伝いさせていただこうかとは 思いますが、
できる事では「ない」ものですので、いつまででも 気長に待たせていただきます。

まあ、こういった 開発作業は あわててやって ろくなことはありません。
暫くは ここで 気楽な ダベリをさせていただきましょうか。


> >J.J.McCⅢさん
> 猫派の御仁がおられて嬉しいです!
> 私も猫派ですよ~!
> (今は防寒用にクマの着ぐるみ着てますが)
> お近づきにペタペタです。

私は 言わずもがなの 「犬派」 であります “ワン!”
.
 

ご意見拝聴掲示板へ削除依頼

 投稿者:退役軍人メール  投稿日:2007年12月 1日(土)21時30分31秒
返信・引用
  各位殿

ご意見拝聴掲示板の管理代行氏に以下の内容で、「ご挨拶」という投稿の削除を依頼しました。

役目を終えたと判断いたしました。

>掲示板「 ご意見拝聴 」 に関する連絡です。
>退役軍人です。
>「ご挨拶」という投稿は役目をはたしましたので、内容について削除しました。
>しかしながら、投稿そのものが削除できませんのでそちらで削除して頂けますでしょうか。
>よろしくお願いいたします。

http://roujintou.com

 

援軍到来

 投稿者:退役軍人メール  投稿日:2007年12月 1日(土)20時46分57秒
返信・引用
  各位殿

c-boardは設定がなかなか難しいようです。

が、しかし.....

某氏に加えて、援軍氏が到来しました。
某氏、援軍氏、ありがとうございます。

よろしくお願いいたします。

http://roujintou.com

 

世直し老人党への再確認依頼

 投稿者:退役軍人メール  投稿日:2007年12月 1日(土)14時42分0秒
返信・引用
  各位殿

以下の記述で「世直し老人党」へリンクの可否を再確認いたしました。

>退役軍人@webmaster/老人党ドットコムです。
>貴ホームページのトップページへの弊サイトからのリンクにつきまして、可否をお尋ねいたしております。
>いまだに回答を頂いておりませんので、再度お尋ねいたします。
>意思決定に合議制をとられているようですから時間がかかるのでしょう。

>もう少し、待たせて頂きますが回答いただけない場合は「無回答」として弊サイトのリンクページに記載させて頂き、検索サイトのURLを示すか、あるいは「なだいなだ のサロン」のリンクページを掲載させていただきますので、ご了承のほどを。

>よろしくお願いいたします。

http://roujintou.com

 

(無題)

 投稿者:あぶさん  投稿日:2007年12月 1日(土)13時15分17秒
返信・引用
  「世直し」というより「遁世」ですか(^^;;

何かを主張しようとすれば,多くの批判が飛んでくるのは覚悟の上。
それは自論の足りないところかも知れないし,
相手の誤解かもしれません。
「おれの言うことは批判されたくない」と思うなら,
天下に向かって書かないことですね。

「小説であっても,作者の意図なんて伝わらないものなのですから。
わかっていると思ったら大間違い。
なので,どのような評論も正しい(評論家の感想という意味で)」
by 京極夏彦(趣意)
 

無視されたか(笑

 投稿者:退役軍人メール  投稿日:2007年12月 1日(土)12時51分48秒
返信・引用
  各位殿

12月1日12:35現在まで、世直し老人党のリンク可否回答が来ませんねぇ。

無視されたかな。(笑

懐が浅い、器量が小さい。

って、挑発してみるテスト。(笑

外部との連携を模索しないと「リアル政党化」なんて、夢のまた夢だと思うし。

純化して衰退して行く道を選んだのでしょうねぇ。

全野党共闘を主張する者が、外との窓を閉じてなにするつもりなんだろ。
外部に対して、窓を開けろ、手を携えろ、と言っている者が外部からのアクセスには窓を閉ざすのか。

素朴な疑問。

言行不一致ということなのか。

http://roujintou.com

 

不思議。

 投稿者:  投稿日:2007年12月 1日(土)10時29分29秒
返信・引用
  退役軍人さんほどの識者がサイト開設が苦手だったとは以外です。
苦労をしている某氏ともども、応援させていただきますよ。


>J.J.McCⅢさん
猫派の御仁がおられて嬉しいです!
私も猫派ですよ~!
(今は防寒用にクマの着ぐるみ着てますが)
お近づきにペタペタです。
 

Re: ご挨拶

 投稿者:退役軍人  投稿日:2007年12月 1日(土)03時23分37秒
返信・引用
  > No.56[元記事へ]

J.J.McCⅢさんへのお返事です。

> 退役軍人殿
> 行動力に敬服いたしました。

いえいえ、たいしたこたぁありません。
その証拠に、ドメインを取ってサーバーは借りたものの.............
某氏にお願いしないとなんにも出来ませんで。(滝汗.....

計画性の無さというか、まぁ早く周知しなければならなかった状況でしたから「乞うご期待」というアドバルーンを先に上げとけ、ってところが実情です。

まさに、泥縄..........

私は、元来「いいたかいいの、したかしい」ですから。
博多弁でして標準語なら「言いたいことは言う、したいことはする」という意味です。

この性格とせっかちさといいうか、やると決めたら直ぐにやらないと気が済まない、という我慢の無さが災いしまして、日本の会社ではサラリーマンとして勤めることが出来ませんでした。

今回のサイト新設も、「なんとかせんといかん」という衝動に突き動かされた結果です。

あんまり格好良くないよなぁ。(ため息...............

> 小生 猫派にて、気ままに出没させていただきますが、
> よろしくお願いいたします。

うーむ、猫派ですか.....
結構大きな猫のような気もしますが。
噛みつかれないようにせんといかんなぁ。

旧老人党の保守系投稿者の皆さんは、否定できない根拠と論理で来ますからねぇ。

論敵に廻したくない、ってのが本音です。

> 皆々様
> J.J.McCは 某”論理性を尊ぶ”小説の登場人物であり、
> 小生も論理的でありたい、の想いで選んだHNです。

貴兄のHNに興味を持ちましてね。
以前調べてみたことがあります。

なんてったって、貴兄は私の「真の意図」を最初に見抜いた人ですからね。
ステディベアさんとどちらが早かったかな。(笑

> しかれども、彼は 私1人のものではなく、
> 小生とは違う価値観、違う政治的意見を有するMcCファンも多いに違いない。
> この頃 、彼の名で私見を述べることに 忸怩たる思いが昂じてきました。
>
> そこで、偉大なるJ.J.McCとは時代を異にして、マック三世を名乗ることにいたしました。
> 御了解のほど、お願い申し上げます。

なんの問題もありません。
楽しくやりましょう。

確認された事実に基づくものなら、「禁句なし」でいきましょう。

閑話休題

私は過去の経緯で削除したり、アクセス禁止したりはしません。
過去に旧掲示板において、私と敵対した人であったとしても歓迎します。

竹知庵氏、厚顔の美少年氏、ウミサチヒコ氏、BB氏、佐藤真甲氏、等など新老人党から排除された人達でも歓迎します。

違った意味で厳しいとは思いますけれど。(微笑
自論を否定する「論理の集中砲火」に耐えて、主張できるだけの度胸と心意気が無いと無理でしょうね。中井氏とかこころ氏ぐらいのもんかなぁ。

勇気ある左派系投稿者、大募集。(笑

公序良俗に反する、あるいは日本国が定める法律に反した投稿者は容赦しません。

「注意は一回だけルール」を厳格に適用して、二回目は直ちにアクセス禁止にしますし、今度は開設者・管理者である私が被害者ですからね。

直ちに、プロバイダに通報しますし、悪質なら司直の手に委ねます。

厳しそうですけれど、これってリアルな社会とおんなじ規範ですよね。

なんのこたぁない、リアルな社会では常識の範疇ですから、普通に投稿していれば良いってだけのことです。

よろしくお願いいたします。

http://roujintou.com

 

Re: c-board感謝m(_ _)m

 投稿者:退役軍人メール  投稿日:2007年12月 1日(土)01時05分3秒
返信・引用
  > No.55[元記事へ]

でんさんへのお返事です。

> 退役軍人さんご苦労様です。
>
> こんばんは、老人党では「ぴむ」と名乗っていました。
> 老人党ドットコムでは「でん」と変更したいのでよろしくお願いいたします。
> またお世話になります。

こちらこそ、よろしくお願いいたします。

> さっそくお言葉に甘えましてc-boardの機能にあったような出席簿というか
> 該当ハンドルの書き込み度数というか、そんなのが一時老人党でも見ることが
> 出来たのですがすぐにパスワードを入れないと見られないようになりました。

ああ、ありましたねぇ。
原則公開なので、管理の肝を除いた部分は可能な限り(システム的にと、変更のスキル)公開したいと考えます。

どうも、C-boardとレンタルサーバーの相性がいまいちのようでして。

某氏には苦労をかけているみたいです。

> 老人党ドットコムでは、出席者の動向などROMからでも把握できるように
> 閲覧可能にしていただければありがたいです。
>
> ご一考いただければ幸いです。

まぁ、どのぐらい先になるか判りませんが。(滝汗.....
なにせ、私がHPの作成など公開物の知識に疎くて。

仕事で使っている自宅サーバーは四苦八苦しながら自分でなんとかしたのですけれど。

使っているのは、VPN接続で出張先で使っているノートPCのバックアップと過去のデーターを検索し出張先からダウンロードできるようにしているだけなんです。

顧客から預かっている技術情報も入っているので公開する訳にゃあいかないし。

> ご開店まったり待たせていただいております。
> 失礼いたしました。 でん

申し訳ない、まったり、まったり、で一つよしなに。

http://roujintou.com

 

ご挨拶

 投稿者:J.J.McCⅢ  投稿日:2007年11月30日(金)21時14分3秒
返信・引用
  退役軍人殿
行動力に敬服いたしました。
小生 猫派にて、気ままに出没させていただきますが、
よろしくお願いいたします。


皆々様
J.J.McCは 某”論理性を尊ぶ”小説の登場人物であり、
小生も論理的でありたい、の想いで選んだHNです。

しかれども、彼は 私1人のものではなく、
小生とは違う価値観、違う政治的意見を有するMcCファンも多いに違いない。
この頃 、彼の名で私見を述べることに 忸怩たる思いが昂じてきました。

そこで、偉大なるJ.J.McCとは時代を異にして、マック三世を名乗ることにいたしました。
御了解のほど、お願い申し上げます。
 

c-board感謝m(_ _)m

 投稿者:でん  投稿日:2007年11月30日(金)18時46分57秒
返信・引用
  > No.52[元記事へ]

退役軍人さんご苦労様です。

こんばんは、老人党では「ぴむ」と名乗っていました。
老人党ドットコムでは「でん」と変更したいのでよろしくお願いいたします。
またお世話になります。

> 各位の忌憚のないご意見を頂ければ幸甚です。
> こちらに投稿頂ければよろしいかと。

さっそくお言葉に甘えましてc-boardの機能にあったような出席簿というか
該当ハンドルの書き込み度数というか、そんなのが一時老人党でも見ることが
出来たのですがすぐにパスワードを入れないと見られないようになりました。

老人党ドットコムでは、出席者の動向などROMからでも把握できるように
閲覧可能にしていただければありがたいです。

ご一考いただければ幸いです。

ご開店まったり待たせていただいております。
失礼いたしました。 でん
 

Re: 待機モード5

 投稿者:退役軍人メール  投稿日:2007年11月30日(金)14時24分42秒
返信・引用
  > No.51[元記事へ]

かっくるなかしまさんへのお返事です。

> ▼退役軍人さん
> どうもお疲れ様でした。

いえいえ、意図した「意義」を守りたいだけですので。

> 老人党公式サイト、および、なだいなだサロンの管理人さんには、
> 自然体でのご対応を頂き、ありがたく存じますm(_)m

なだいなださんの懐の深さに感謝しています。
まぁ、敵対する意見のオンパレードってのは容易に想像できると思いますから。

老人党公式サイトでは、運営スタッフの間で、逡巡とか、意見の相違があったでしょうね。ここをまとめた「ビートルさん」のリーダーシップに感謝しています。

意地悪な言い方ですけれど、ある意味で懐の深さとか、器量の大きさがわかると思いますよ。

護憲+の笹井明子さんの短いメールには、懐の深さや器量の大きさもさることながら、「負けないぞ」という士気の高さ、意識の強さを感じました。

いやぁ、女傑と尊称すべきなんでしょうねぇ。一度、会ってみたくなりましたよ。
魅力的な人なんだろうと思います。

世直し老人党の方は、未だに回答がありませんが。
全ての意思決定を合議制にされているようですので、時間がかかっているのでしょう。

無視されたとしたら、それまでです。
検索サイトのURLを示すか、なだいなだのサロンからリンクを辿る方法を提示したいと考えています。

> 今回のリンクのお願いも、当たり前っちゃあ、当たり前なんっすが、
> 一方で、ドットコム発足の経緯ってもんもありますんで、
> <ひょっとしたら、グーばっかりでてくるのかな~>って思うところはありました。
>
> ホッ。 ← リンクが張れてよかった、ではなく、そもそもの<意義>の喪失を免れた安堵かな

結果が得られればそれで良いと考えていまして。

自民党の政治屋どもと官僚どもに「主権者は誰なのか」思い知らせてやりたい。

税金は預かっているものであり、使途が国民の為と限定されているのは当然のことでしょ。当然のことながら、使途を明確にし国民に理解を得る責任がある。

この「原理原則」に忠実であってほしいものです。

いいかげんで、無責任な使い方をしやがって。(怒

今回の「公開の原則」を徹底するというのは「山本一太参議院議員」のブログを愛読していまして、淡々と毎日の出来事や感想が綴られている様に「公開というのはこういうことなんだ」と思ったからです。

もちろん、相手に対する配慮から書かれない部分もあるのですが、きちんと何故に書かないか示されていますから。

圧倒的な大差で再選された理由の一つでもあろうかと。

参考までに、URLです。

http://blog.so-net.ne.jp/ichita/

んじゃ、また。

http://roujintou.com

 

/12