teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:19/758 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

対湘南戦

 投稿者:トレフレッチェ  投稿日:2021年 4月13日(火)04時00分25秒
  通報
  結果も内容も非難に値する試合というのは、狙ったことが全く出来なかったということが多いのだが、この試合の唯一にして最大の問題点は、何もやろうとしてなかったことだ。

監督の試合後のコメントによると、試合開始から60分くらいまでは無失点で持ちこたえ、以降は主力組を随時投入して得点を奪うという算段をしていたようたが…
試合前にこのような策を強いられた先発メンバーの中で、本気で戦おうとした選手がいったい何人いたのだろうか?
結果は見ての通りで、ほぼ全員が面従腹背の典型例のような無気力で投げ遣りなプレーに終始していた。

率直に言って、甲府や城福監督が指揮していた頃のF東であれば、このような策も許されたのであろうが…
今現在のサンフレにおいては、例えサブメンに甘んじていたとしても、それなりのキャリアや競争を勝ち抜いて来た選手達ばかりなので、このような策を強いられてもなお全力でプレーしようとする選手なんて一人も居ないわけで…この試合で先発した選手達の無気力なプレーぶりについては決して賛同は出来ないが、致し方無い面があるのも否めない。

城福監督に問いたいのは、自身と選手達の相対的な力関係を客観的に見直すべきではないのか?
この試合のような策を強い、且つ納得させて選手を動かせるだけの実績や指導手腕があるのか?
要するに、身の程を知るべきできではないのか?ということだ。

更に言えば、思考パターンが謂わば指導者側の御都合主義的な視点でしかなく、その場しのぎの繰り返しで戦略性や計画性が完全に欠落しているようにしか見えない。
その様は、恰も毎年最上級生が居なくなることに理由を求め、自身の指導スキルを見つめ直すという作業を行おうともしない凡庸以下の部活指導者のようでさえある。


 
 
》記事一覧表示

新着順:19/758 《前のページ | 次のページ》
/758