teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:8/95 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

女子中学生

 投稿者:女子中学生  投稿日:2020年 2月23日(日)17時08分45秒
  通報 返信・引用
  授業が終わるまであと3分を残した教室の中で、制服姿の女子中学生が椅子に座ったままパンツの中におしっこをしている…


 それってどういう状況なのか。


 みんなが授業を受けている教室の中で一人、制服のスカートをはいたままパンツの中におしっこをする女子中学生…でも、ここはトイレではない。


 制服姿の女子生徒がトイレにも行かずにスカートの中におしっこをしてしまったら、スカートが自分のおしっこでびしょ濡れになるではないか。


 小用はトイレでするもの、中学生にもなってそんなことも知らない女の子がいるはずはない。


 なのになぜ彼女はトイレで用を足さなかったのか。トイレにも行かず、教室でスカートの中におしっこをしてしまって、スカートが自分のおしっこでびしょ濡れになっても構わないと思っているのか。



 いや、そうではない。彼女は自分のスカートが自分の排泄した尿で濡れてしまっても構わないとは絶対に思っていない。ただ、濡れてしまっても仕方ないとは思っていたかもしれない。なぜなら「トイレに行かない」という結末を選択したのも乙女自身だったのだから。


 ただそれでも、女子中学生は自分で自分のパンツを黄色いおしっこで汚したかったわけでは決してなかったのだ。その証拠に、女子中学生は自分の排尿で制服のスカートを黄色く汚しながら、机に突っ伏してシクシクと泣き始めているではないか。


 自分の排泄した女性尿でびしょ濡れになっているパンツに自分の下半身を包まれる感触の中で、制服のスカートをぐっしょり濡らして滴をしたたらせている姿をクラスメートのみんなに見られながら、乙女はそのはしたない自分の姿を人に見られる恥ずかしさに泣いているのだ…


 だから女子中学生は本当はトイレに行きたかったのだ。ずっと尿意に苦しんでいたのだ。本当はちゃんとトイレでしゃがんで用を足したかったのだ。


 女の子は何も尿意を催したからトイレに行くのが面倒くさくて座ったままパンツの中にしゃ~っとやってしまったわけではない。いや、むしろ女子中学生は一刻でも排尿の瞬間を遅らせようと、さっきまで両足の間の一点を必死に閉じて迫り来る尿意と戦っていたのだ。


 授業中に徐々に激しくなる尿意にもだえ苦しみ、椅子の上できつく膝を閉じてモジモジと身を揺らし、膝を擦り合わせながら授業中に必死におしっこを我慢する女子生徒…授業中の椅子の上で容赦なく高まる尿意に身もだえながら必死に我慢に我慢を重ねたあげく、チャイムが鳴るまでおしっこが我慢できなくて乙女は自分の尿意に敗北しただけなのだ。


 可憐な乙女が授業中に尿意に耐えられなくなって、教室の椅子に座ったままおもらしをしてしまう…スカートを濡らし、恥ずかしさに涙を流しながら下着の中におしっこをしてしまう…


 つまり、女子中学生が自分の意思でパンツの中におしっこをしたのではない。乙女はトイレが間に合わなかっただけなのだ。これは悲しい「女子中学生の教室おもらし」の結末なのだ。


 授業中におしっこががまんできなくなって、パンツの中に「じゃーっ…」とやってしまう女子中学生。授業中に迫り来る尿意に身をよじったあげく、制服のスカートをはいたまま、溢れるレモン色の液体でパンツを濡らしてしまう…



 まさか中学生にもなってと思うかも知れないが、中学生の女の子だって教室でおもらしをすることは絶対にないわけではないのだ。確かに、小学生の女子児童に比べるとおもらしの数はぐっと少なくなるが、それでも、中学生の女子生徒が授業中に失禁してまう失態も世の中に決してないわけではないのだ。


 授業中に迫り来る尿意に身をよじったあげく、制服姿の女子中学生が教室でおもらしをしてしまう…小学生より心も体も大人びてくる分、中学生の女の子がおしっこをおもらしした恥ずかしさは小学生の女子児童の失禁に比べると何倍も恥ずかしくて、小学生の女子児童が授業中にパンツを濡らして失禁しまう場合に比べて、女子中学生が教室で我慢を重ねたあげくに粗相をしてしまって、クラスメートの見ている前で服を濡らす姿を見られてしまった失敗の記憶は、小学生のおもらしよりもはるかに強く中学生の乙女に「トラウマ」という名の羞恥の記憶を強く植え付けてしまうのだ。


 可憐な乙女が授業中に尿意に耐え切れなくておしっこをもらしてしまう…


 授業中に切羽詰まった尿意にもだえ苦しみ、やがて果てしない我慢の果てに訪れる女子中学生の教室おもらし…授業中に尿意に耐え切れなくなって、無残に下半身を濡らしておしっこをもらしてしまう女子中学生の姿…


 だから、授業中に迫り来る尿意に苦しみながら、乙女は一刻も早く学校の女子便所に駆け込んで便器の上で制服のスカートをたくし上げる瞬間を必死に夢見ていたのだ。中学校の女子便所の和式便器…制服姿の乙女があの白い便器の上にようやくパンツを下ろしてしゃがみ込み、女子便所の和式便器にまたがってトイレにおしっこする瞬間を乙女は必死に待ち望んでいたのだ。


 だが、刻一刻と迫り来る尿意に身をよじってあえぎ苦しんだあげく、乙女の必死の努力の甲斐もなく、教室で我慢に我慢を重ねた乙女の尿意はやがて限界を迎え、女子中学生の下腹部の小さな蛇口はチャイムが鳴る前に崩壊してしまったのだ。


 だから、中学生の乙女がパンツを濡らして失禁してしまうその寸前まで、迫り来る尿意に焦りながら極限まで緊張してゆく乙女の心と、女の子の下腹部で容赦なく徐々に高まってくる意地悪な尿意の高まりに顔をゆがめて激しくもだえてゆく乙女の葛藤と苛烈なオシッコ我慢の姿があったのだ。


 迫り来る尿意に苦しみ、乙女がトイレに間に合わなくなるその瞬間まで…



「も、もう…もれそう…」


 乙女の下腹部の中で繰り広げられた凄まじい尿意との激闘。


 少しずつがまんできなくなってゆく女の子のおしっこ。だんだん耐えられなくなってゆく女子中学生の過酷な尿意。それでも脂汗を垂らして必死におしっこを我慢する女子中学生…


 そう、乙女の尿意が限界を迎えるその瞬間まで、教室の中で女子中学生はもうおしっこがしたくて、我慢して我慢して、これでもかというほどおしっこを必死に我慢して、教室の中でもうどうしようもなくおしっこがしたくなって、身の毛もよだつような凄まじい尿意の高まりに身を震わせて、その悲劇の瞬間がやってくるのを一刻でも遅らせようと必死に迫り来る尿意にもだえ苦しんでいたのだ。


 授業中に猛烈におしっこがしたくなって、椅子に座ってモジモジしながらおしっこを必死に我慢する女子中学生。もうおしっこがしたくてしたくてたまらなくて、なかなか進まない時計の針に乙女は身を焦がしながら、徐々に激しくなってくる尿意に身をよじって、女子中学生は教室でおしっこがしたいのを必死に我慢しながら、自分の制服を濡らしてしまう羞恥の瞬間まで必死になって尿意にもだえていたのだ。



★★★ 第2章・授業中に乙女に迫り来る尿意 ★★★


 授業が始まって30分…女子中学生は徐々におしっこがしたくなってくるのに悩まされていた。だんだん尿意が激しくなってきて、授業中に激しく尿意をもよおしながら、それから10分ほどたった頃、女子中学生の尿意はもう耐えられないものになっていた。


 教室でおしっこを必死に我慢して、全身を震わせるように下から立ち上ってくる尿意と必死に戦う女子生徒。容赦なくこみ上げてくる尿意に乙女の下腹部を激しく責め立てられて、思わず顔を歪めながらモジモジと膝を擦り合わせておしっこを必死に我慢する女子中学生。


 教室で尿意に苦しむ女子生徒…


 授業中の教室で、椅子に座ったまま必死に尿意と戦う女子生徒。おしっこがしたくなった理由なんてどうでもいい。激烈な尿意にうめき、トイレに行けないまま身をよじって徐々に尿意にあえぐ女子中学生。先生に「トイレ」の一言が言えたらどれほど楽だろう…そう思いながら、女子中学生は下腹部の一点に渾身の力を込め、女の子の両足の間を必死に閉じて尿意をこらえていた。


 授業中におしっこがしたくて人知れず椅子の上で身をよじって尿意に苦しむ女子中学生。なかなか進まない時計の針に焦りを隠せないまま、教室の椅子に座っておしっこがしたいのを必死に我慢している女子中学生。だが授業が終わる直前に、女子中学生は椅子に座ったままスカートの中に無残におしっこをちびってしまうことになるのだ。


 最後には失禁する運命になるとも知らず、女子中学生は教室の椅子の上でモジモジと身をよじりながら猛烈な尿意を必死に耐えていた。


 授業中の教室でそわそわと身を揺らし、恥ずかしくて先生にトイレに行きたいと言えないままモジモジと膝を擦り合わせて必死に尿意にもだえる女子中学生。



 だが、ここまで尿意に耐えていたら、うら若き乙女が尿意に耐えきれずそわそわと身を揺する姿にだれかが気づくだろう。だが、不幸にして彼女の席はいちばん後ろだったのだ。だから彼女は誰にも気づかれず、女子中学生はいちばん後ろの席で椅子に座ったまま膝を摺り合わせてモジモジしながら必死におしっこを我慢しているしかなかったのだ。


 もう…トイレ…


 教室の後ろの席でモジモジしながら女子中学生が必死に尿意に耐えている。迫り来る尿意に身を焦がし、教室の椅子に座ったまま迫り来る尿意と戦う女子中学生。


 教室の中で徐々に高まってくる乙女の尿意。彼女のあらゆる思考が尿意に塗りつぶされてゆく。授業中なのにおしっこのことしか考えられなくなって、椅子の上でそわそわと小さく身を揺らしながらおしっこを必死に我慢している女子中学生。


 だんだん高まってくる意地悪な尿意に乙女は椅子の上で身をよじり、時折そわそわと椅子の上で小さく身を揺らしながら下半身に迫り来る猛烈な尿意を必死に耐えているのだった。


 そう、あのときトイレに行っとけばよかったのだ…乙女は後悔していた。そういえば1時間目の体育のあと水をがぶ飲みして、2時間目のあとの休み時間に友達と話し込んでトイレに行くタイミングを逃し、そして3時間目に乙女は激烈な尿意に襲われることになってしまったのだ。


 乙女は非情な尿意の高まりに焦る気持ちが強くなってくる。もうトイレに行かないといけない…でも恥ずかしくてトイレに行きたいと言えない…。そうしている間にも女子中学生はさらに尿意が激しくなってゆく…


 教室の椅子に座ったまま女子中学生が必死に尿意に耐えている。あの時トイレに行っていれば…2時間目の終わりの休み時間に女の子がトイレに行って膀胱の中身を空っぽにしてあれば、女子中学生は今こんなに尿意に苦しむことはなかっただろう。


 だが、そんなことには容赦しない乙女の生理現象によって激しく尿意に苦しめられながら、終わらない授業も耳に入らなくなって、授業中におしっこがしたいのを必死に我慢している女子中学生。お願い、早く終わって…そう祈りながら、中学生の乙女は教室の小さな椅子の上で小さく体を前後に揺すって必死になって尿意に耐えていた。


 授業中に激しく尿意を催してしまい、小さく膝を摺り合わせながら必死におしっこを我慢する女子中学生。もうどうしてもトイレに行きたくて、女子中学生は椅子の上で小さく身をよじりながら必死になって尿意に耐えていた。


 トイレ…どうしよう…


 先生に言おうかどうしようか悩みながら、乙女の下腹部をかきむしるように徐々に女子中学生の尿意が高まってくる。恥ずかしくてトイレに行けないまま、容赦なくずんずん高まる意地悪な生理現象に狂おしく身を焦がす女子中学生。時とともに尿意が高まり、乙女の表情に焦りの色が濃くなるとともに、おしっこがしたくてたまらなくなってくる女子中学生が教室で訪れる凄惨な尿意にさらに顔を歪めてゆく。


 おしっこがしたいのを必死に我慢している女子中学生。授業中に激しい尿意に襲われて、モジモジしながら激しい尿意に耐えている女子中学生。


 授業中、モジモジと身を揺らしながらおしっこを必死に我慢している女子中学生。もう苦しくて、苦しくて…先生に言ってトイレに行かせてもらえば楽になると知っていても、中学生の乙女の恥ずかしさが邪魔をしてトイレに行けない。そうしている間も乙女の腎臓は可憐な乙女の女性尿を分泌し続け、女子中学生の膀胱がパンパンに膨らんで乙女はだんだんおしっこが我慢できなくなってゆく。


 授業中にものすごくおしっこがしたくて、椅子の上でモジモジしながら必死に尿意をこらえる女子中学生。椅子に座ったまま容赦なくずんずん高まる尿意に女の子は顔を歪ませて、小さく腰を揺すりながら女子中学生は椅子の上で膝を摺り合わせてモジモジしながら必死におしっこを我慢していた。


 だが、自分の意志では決して弱まることのない女性の生理現象が乙女の下腹部を激しく責め立てる。授業中におしっこがもれそうになって、女の子は激しく顔を歪めながら脂汗を垂らして必死に尿意に耐えているのだった。


 もう…がまんできない…


 授業が終わるまであと5分…モジモジしながら女子中学生が激しい尿意を必死に耐えている。女子中学生は激しくおしっこを我慢しながら、少しずつ震え始めた乙女の下半身が事態の急を告げていた。授業中なのに、ここはトイレじゃないのに、教室の椅子に座ったまま、ゆっくりと潮が満ちてくるように可憐な女子中学生の乙女は教室の椅子の上でだんだんおしっこが我慢できなくなってゆく。


 なかなか進まない時計の針に焦りの色を隠せないまま、容赦なくずんずん高まる尿意に椅子の上で小さく身を揺らし、まだあどけなさの残る乙女の顔から苦しそうに脂汗を垂らしながら、教室の椅子に座ったまま容赦なく迫り来る尿意と必死に戦う女子中学生。


 このままだとおしっこが我慢できなくなってしまう。先生に言わなければ…そう思って女子中学生は腰を浮かせかけるのだが、やはり乙女の羞恥心が邪魔をしてどうしても声が出ない。そうしている間にも乙女の腎臓は女性尿を分泌して女の子の膀胱に送り込み続ける。乙女は凄惨な尿意に顔を歪ませ、脂汗を垂らしながら椅子の上で必死に身を焦がし、乙女の下腹部に迫り来る切羽詰まった尿意に女子中学生は激しくもだえるのだった。


 もう…だめ…


 この事態を放置することが何を意味するのか、乙女はもうはっきりと認識し始めていた。パンツの中におしっこが出てしまう…そう、このままだと、やがてうら若き乙女が自分の意志に反して下着の中におしっこをしてしまう羞恥の瞬間を迎えてしまうことは間違いなかった。


 うら若き女性が自分の意に反して下着の中におしっこをしなければならなくなることがどれほど惨めで情けないことか、中学生になって分からないはずがない。


 だが女子中学生は今までその瞬間がどれほど惨めか考えたこともなかったし、自分がよもや意に反して下着の中におしっこをしなければならないなんて想像もしたことがなかったのだ。


 だが、その瞬間は確実に近づいている。


 確かに、小学4年生の遠足のバスの中で猛烈な尿意に襲われたことはあった。あの時も必死に我慢して、もう気が狂いそうになるほどおしっこを我慢して、先生に言って次のサービスエリアで止めてもらうまで、クラスのみんなに見られながらあられもない姿を晒してモジモジそわそわしながら必死におしっこを我慢したことはあった。


 もうあまりにおしっこがしたくて、でも、あの時はサービスエリアまでの残りの距離を見て自分でカウントダウンができたし、小学4年生の少女だった自分にとっては露骨な我慢の仕草をしても恥ずかしさはまだ少なかった。バスがサービスエリアに近づくとバスの前に進んで立ち、思わず両手で前を押さえながらジタバタ足踏みして、「トイレ…おしっこ…」と叫びながらジタバタ足踏みしながら尿意に耐えていたものだ。


 しかも、サービスエリアの女子トイレは行列だった。少女はもう今にもおしっこがもれそうで、小学4年生の女子児童はトイレ待ちの行列の中でジタバタ飛び跳ねたりそわそわと足踏みしたりしながら必死におしっこを我慢していた。


 女子便所の列に並びながらそわそわと足踏みしながらおしっこをがまんする女子児童。もう今にもおしっこをもらしそうになりながら、4年生の女子児童は激しくジダンダを踏んで必死に尿意に耐えていた。


 今にもおしっこをもらしそうになって、行列の中で激しくジダンダを踏んで必死に尿意をこらえる女子児童。あの時おもらししないで済んだのは、あまりに尿意に顔を歪めて苦しそうにジダンダを踏んでせわしなく足踏みしながら必死に尿意に悶絶している少女の哀れな姿を見て、可哀想だと思った優しいおばさんがトイレの順番を代わってくれたからだった。


 もしもあれがなかったら、おそらくあと一歩のところで女の子は前のところをびっしょり濡らしてしまっていたであろう。おばさんが順番を譲ってくれるのがあともう少しでも遅ければ、小学4年の女の子は女子便所の行列の中で立ち尽くしながら無残に前を濡らしておしっこをもらしてしまっていたに違いない。


 小学生の女子児童が行列の中でパンツを黄色く濡らしておしっこをちびってしまう…そうならず、女の子が行列の中で服を濡らしておもらしする事態はあと一歩のところで避けられたのだ。


 でも、それまでは女子児童は本当におしっこをもらしてしまいそうで、少女は体をくねらせながら体を「く」の字に折り曲げ、あられもない姿で必死に前を押さえて切羽詰まった尿意に激しく身をよじりながら行列の中で必死で尿意に耐えていた。


 あと一歩でも油断したら、女の子の両足の間から熱い液体が噴き出してしまうところだった。


「おしっこ…ああトイレいきたい…」「トイレ…ああ、おしっこもれそう…ああん、お、おしっこがもれるぅ」


 そう言いながらジダンダを踏んでおしっこが我慢できるのも、今から思えば小学生の特権だった。


 もう足踏みするほどトイレに行きたくて…とか、おしっこがしたくて足踏みしている女の子…とか、それが許されるのは小学生の女の子までだと女子中学生は思っていた。せわしなく足踏みしながら必死におしっこをがまんしている女子児童…確かに自分も前押さえしながら尿意に悶絶した過去はあったが、小4の女子児童ならおもらしすることがあっても今より羞恥は少ないだろう。だからいいというものではないが、小学生の女子児童の失禁と、中学生の女子生徒の教室おもらしと、どっちが恥ずかしさの度合いが大きいかは言うを待つまい。


 だが、打つ手なくその恥ずかしい事態がこの今も乙女の身に迫っている。だが時は無情に過ぎ、恥ずかしくてどうしても先生に言えない乙女の下腹部の中で、膀胱から溢れようとする乙女の恥ずかしい液体が徐々に乙女の短い尿道を押し拡げ始めていた。


 い、いや…だめ…


 乙女のか細いおしっこの管を無理やりこじ開けられる感触に乙女は悩乱し、髪を振り乱して必死に体を前後に揺すって最後の力を振り絞っておしっこを我慢した。だが、体を揺らすことがさらなる尿意を招くことを思い知らさせるなかで、教室の椅子に座ったまま、限界を超えた女の子の尿意が一歩、また一歩と出口に向かって歩を進めてゆく…


 いや…出ないでぇ…


 乙女の心の叫びもむなしく響くだけだった。女子中学生の短いおしっこの管は自分のおしっこの水圧によって容赦なくこじ開けられ、膀胱に秘められた乙女の熱い液体が乙女の意に反して外気に触れる瞬間を迎えようとしているのだった。


 もう…だめ…


 やがて乙女は両手で顔を伏せ、机に向かってうつむいた。それは乙女の尿意が限界を迎え、女子中学生がもうそれ以上おしっこを我慢することができなくなったことを示す合図だった。


 もうがまんできない…


 次の瞬間、女子中学生はこの忌まわしい尿意との戦いに敗れ、教室の中で自分がおしっこのおもらしをする姿を見られることによって羞恥に身を焦がす以外、もはや手だてがないことを受け入れるしかないことを知っていた。


 教室の木の椅子に座ったままの姿で、女の子は我慢していたおしっこがとうとう我慢できなくなる悲劇の瞬間を迎えるのだった。


 乙女がトイレに間に合わなくなるその瞬間…女の子にとって失禁することがどんなに嫌で辛くても、女子中学生は自分のおしっこが自分の短い尿道を無理やり通り抜け、自分の恥ずかしい液体が自分の体の中を通り抜けて外に出てしまうのを、もう、黙って受け入れるしかないのだ。



★★★ 第3章・パンツの中におしっこをほとばしらせて ★★★


 そして乙女は最後の瞬間を迎えるのだった。


「うっ…」


 乙女の小さな悲鳴とともに、制服に身を包んだ女子中学生の体が一瞬ビクッと震える。


 そして次の瞬間…


 しゃぁぁぁっ…


 乙女のスカートの中からくぐもった音が聞こえた。あれ?という顔をして、彼女の左右の席の子らが女子中学生のほうを振り返る。それは紛れもない、女子中学生がおもらしをする音だった。


 あれほど避けようとしたおもらし…女子中学生がとうとうおしっこをもらしたのだ。


 ついに尿意をこらえきれず、授業中の教室で中学生の女の子がおしっこをもらした。


 とうとうおしっこが我慢できなくなった女子生徒の陰部から、乙女の恥ずかしい黄色の液体が女子中学生のパンツの中に勢いよくほとばしった。


 女子中学生の排尿の瞬間…女子生徒のパンツの中に女の子の陰部から乙女の恥ずかしい液体がぶつかり、パンツの中で女子中学生の黄色いおしっこが濁流となって渦巻き、女の子の恥ずかしい黄色の液体が乙女のパンツをレモン色に染めて女子中学生の下着を濡らしてゆく…乙女の両足の間から勢いよくほとばしる液体が一筋になって女の子のパンツに当たり、乙女の下着の中に渦巻く黄色い濁流が女子中学生のパンツの中で激しく飛び散って大きな音をたてる。


 ぷしゃあああっ…


 思わず顔を伏せる女の子の中から聞こえる中学生の乙女の排泄音…女の子はどんなに恥ずかしくてもその音を周囲に聞かれることを止めることができない。クラスのみんなが注目するなかで女子中学生は自分のおしっこを止められないのだ。中学生の乙女が女性の恥ずかしい排泄音を大きくたてながら白いパンツを黄色く汚し、女子中学生が制服のスカートを濡らしながら尿意との戦いに果ててゆく。


 もう、恥ずかしくて恥ずかしくてたまらない…だが、乙女が羞恥に身を焦がすその間にも、女子中学生のはずかしいおもらしのシミは、制服のスカートの中で勝手にその面積を広げ、女性尿という名の女の子の恥ずかしい黄色の液体がボトボトと何度も音を立てて床に流れ落ちる。


 その音がまた激しく乙女の羞恥心をかきたて、恥ずかしさに耐えられなくなった乙女が机の上で恥ずかしそうに顔を伏せる。


 恥ずかしそうに顔を伏せながら教室の中で恥ずかしい排泄音をたててパンツの中におしっこする女子中学生。恥ずかしい女の子の黄色い液体でパンツをレモン色に染めながら、制服のスカートを黄色く汚しておしっこをもらす女子中学生。恥ずかしそうにパンツの中におしっこをする女子中学生の制服のスカートの中から女子生徒の排尿がスカートを伝って床に流れ、女の子のまわりにみるみる水たまりが拡がってゆく…


 中学生にもなっておもらし…そう思っているかも知れない周囲の視線に耐えかねて、羞恥に顔をそむけながら恥じらうように床におしっこを失禁する女子中学生。


 その間も女子中学生の恥ずかしいおしっこの音は止まらず、女子中学生は教室の中で「しゃーっ」という恥ずかしい排泄音をたて尿を失禁していた。


 授業が終わるまでおしっこが我慢できなくて、みんなに見られる恥ずかしさに耐えながらパンツの中におしっこしている女子中学生。もう乙女の下半身は恥ずかしいおしっこでびしょびしょに濡れていた。そして、スカートをはいたまま教室でおもらしをした女子中学生の体温で徐々に暖められた乙女のおしっこで、教室にアンモニアのにおいが漂い始める。


 授業中におしっこが我慢できなくなって、クラスメートのみんなから恥じらうように顔をそむけながら教室でおしっこをもらす女子中学生。


 教室の椅子に座ったままおしっこを失禁する女子中学生。彼女は泣き始めていた。授業中に尿意に耐えられなくなって失禁し、制服のスカートの中に尿を排泄する女子中学生。小学生ならともかく、中学生にもなった女子生徒が授業が終わるまでトイレが間に合わなくてクラスのみんなの前でおしっこを失禁する姿に、クラスのみんなが言葉を失っていた。


 もちろん、誰も何も言わないのは、恥ずかしがる乙女に気を使っているのはもちろん、ここに至るまでの彼女の凄惨なオシッコ我慢に思いを馳せていたからだ。


 授業中にとうとうおしっこが我慢できなくなって、シクシク泣きながら教室でおしっこをもらす女子中学生。授業中にどうしても尿意が我慢できなくなって、人が見ているにもかかわらず授業中におしっこが止められなくなって無惨に教室で失禁する中学生の女子生徒の姿を、みんな固唾を飲んで見つめていた。


 椅子に座ったままパンツを濡らしておもらしする女子中学生。おそらく今までずっと尿意に悩まされてきたのであろう、我慢に我慢を重ねたあげく、椅子に座ったまま恥ずかしそうにおしっこのおもらしをしている女子中学生の哀れな姿を前にして、ああ、なんで気づいてあげられなかったんだろう…担任はもちろんだが、クラスのみんながそう思って後悔していた。


 でも、本当に後悔しているのは、制服のスカート姿のまま授業中におもらししている女子中学生自身だった。だって、先生に一言「トイレに行ってもいいですか」と申し出さえすればあの忌まわしい尿意から解放されたのに、それをしなかったのも自分自身だったからだ。


 太ももを伝う自分のおしっこの暖かい感触とともに激しくわき上がる後悔の念…「トイレ」の一言さえ言えていればおもらしなんてしなかったのに…そう思った時はもう手遅れだったのだ。


 自分のおしっこが足を伝って床に流れてゆく…靴の中におしっこがたまって暖かくなってゆく…その感触のなかで、もはや女子中学生は自分が失禁する尿の流れ出す自分の管の緩さにもう手の施しようがなかったのだ。


 女子中学生は無惨にスカートの中に排尿しながら「トイレ」の一言が言えなかったことを激しく後悔していた。だって、先生に言わないまま我慢し続けて、とうとう我慢できなくなって漏らしてしまう道を選んだのも乙女自身だということを女子中学生は自分でよく分かっていたからだ。


 教室の中で羞恥に涙を流しながらパンツの中におしっこをおもらしする女子中学生。潤んだ瞳から透明な涙をこぼし、乙女の下の唇からは大量の黄色の涙を流しながらスカートの中に尿を失禁している女子中学生…そんな可憐な乙女が尿意に果ててゆくの残酷な光景がそこにあった。


 とうとうおしっこが我慢できなくなって、下半身がびしょ濡れのはしたない姿を晒しながら制服のスカートを濡らしておしっこをもらす女子中学生。


 制服のスカートをはいたまま教室でおしっこをもらしてしまった女子中学生。椅子に座ったまま排尿してしまい、制服のスカートをぐっしょり濡らして粗相する姿をみんなに見られる羞恥に涙する女子中学生の姿があった。そして、机に伏してシクシクと涙を流す乙女の足元に容赦なく黄色い水たまりが拡がってゆく…教室に臭い立つ乙女の恥ずかしい黄色の液体…


 授業中にどうしてもおしっこが我慢できなくて、パンツを濡らして女子中学生がおしっこをちびる姿…。教室の椅子に座ったままおしっこをちびった女子中学生は、自分の短いおしっこの管を次々と暖かい液体が流れ出してゆくのを止められないまま、自分の体から液体がこんこんと溢れてゆく感触の中で、激しい後悔の念と無念の敗北感とが乙女の脳裏を走馬燈のようにかけ巡っていた。


 教室でおもらししながら机に泣き崩れる女子中学生…多感な年頃の乙女がおしっこをもらした羞恥に涙を流す姿は、後になってもそれを見たクラスメートに激しい記憶の痕跡として残るだろう。


 だが、優しかったクラスメートは、自分たちが助けてあげられなかった責任を感じながら女子は彼女を介抱して保健室に連れて行き、彼女がいない間に男子が床に水をまいて拭き掃除をした。そして、彼女が最後のホームルームに戻ってくるまでには、女子中学生の乙女が服を濡らして粗相をした痕跡は跡形もなく消え去っていた。


 授業中におしっこが我慢できなくなって、スカートを濡らして教室で粗相をした女子中学生…そんな女子中学生のはしたない「おもらし」の痕跡も、やがて記憶の中から風化して消えて行くことになるだろう。


 大丈夫。彼女は明日からも学校を休まず登校することができるはずだ。
 
 
》記事一覧表示

新着順:8/95 《前のページ | 次のページ》
/95