teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 日記(127)
  2. 足あと帳(7)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


白の希望図2つ⑧

 投稿者:下地  投稿日:2019年 1月16日(水)23時34分36秒
返信・引用 編集済
  実戦と違いますが先ず白の都合良い変化を2つお見せします。

1図(白地がまとまる)黒1の出から黒3のカカエは白4と打つ。次に黒aは白bで連絡し白地増大で成功。黒5で黒イはあるが中の黒地がかなり削減します。

2図(頓死)黒3が最強。ただし白4切りへの対処が大事。もし黒5と逃げると白6~8となり黒一団は頓死。黒5で一子抜きか黒8と打って二子捨てれば大丈夫です。

〇1図は嬉しい。2図は得失判断が難しく白損かもと思っていました。次回実戦を。大変化になります。

http:///

 
 

双方の辛抱手⑦

 投稿者:下地  投稿日:2019年 1月16日(水)14時22分42秒
返信・引用 編集済
  1図(実戦)白1と辛抱。しかし黒2と突き出し利得はかなりのもの。続いて白3~黒8と進行。剛手を放った後の佐々木会長は大人しい。右上白9に黒10は辛抱し過ぎと思ったが右辺白厚みがあるのでむしろ相場か。今思うと白9ではもっと踏み込む手段があったかもしれない。

2図(事件の発端)前の図からかなり進行した場面。黒リードですが白はかなり追い込んでいます。白1ノゾキに黒2は反発手だが大変化の発端になりました。白3から策動したがひるまず黒4、6。そこで白7とツケました。黒の味悪追及の勝負手です。

3図(簡明良手)振り返って中央白ノゾキに無視し黒1と隅を打つのが一番簡明でした。白2と切ったら黒3が先手で黒5まで生きています。右下黒1は白×のダメ詰まりを伺う強烈なヨセ。

http:///

 

剛手を放つ⑥

 投稿者:下地  投稿日:2019年 1月16日(水)13時57分46秒
返信・引用 編集済
  1図:上辺ワリウチの後、右上白1~白11の三々定石まで白としてこれ以上ない進行です。黒6は黒7と二段バネしたかった。黒12、14は白の攻めというより自らの補強でしょう。この展開はかなり差が縮まってきたなと思っていたら・・・ゴツンと左辺に打たれた黒16が厳しい。白への流れを止めた一着でした。

2図:白1とノビたいが黒2を用意しているはず。白aには黒bで中と辺どちらかを分断するのでしょう。よほどこの図で勝負しようと思ったのですがせっかくこなしてきているので白が自重したのが実戦です。続く。

http:///

 

白の誘い⑤

 投稿者:下地  投稿日:2019年 1月16日(水)13時32分20秒
返信・引用 編集済
  1図(実戦)左辺一帯は白1~黒6までとなりました。元々の黒模様はかなり削減された感じで白にポイント。でも左上が好形なので三子のリードをしっかり保っています。ここで白7のヒラキ。この手は段違いで良形とは言えない。即黒8と白の誘いに乗ったのですが・・・

2図(お勧め)黒▲をフルに活用するためにも黒1と上辺に先行したかった。右下の白□には黒a以外に黒bカタや黒cのツメなど含みにしたいという考えです。

http:///

 

強引なこじ開けへの対策④

 投稿者:下地  投稿日:2019年 1月16日(水)00時14分26秒
返信・引用 編集済
  1図:やすやす連絡を許したくないので白1、3を打ちたいが黒2~6と堂々と来られそう。勢いは白7、9と分断するよりないですが・・・(黒6で黒Aの別法あり。3図参照)

2図:黒1~白4まで交換してから黒5切りがわかりやすい。白10と頑張るのは黒11~19まで攻め合いは黒勝ちです。他にも変化はあるが黒が悪くはならないと思います。

3図(簡明策)中を白がノビたとき黒1というラッパツギもある。白×の断点が心配だが黒a受けで平気。黒▲の捨て石が役立っています。

http:///

 

雄大な構想に拍手③

 投稿者:下地  投稿日:2019年 1月15日(火)23時52分32秒
返信・引用 編集済
  1図:黒1のハサミツケでした。いつでも成功する手ではないがこの局面では最高手かもしれません。対し白は出るよりない。

2図:白2出に黒3、5が後続手段。二子捨て石から黒7~11と押し切ったのが素晴らしい。右の黒▲弱石と連絡しつつ模様を形成という雄大な構想。ただし白aとハネての分断に果たして黒は対応出来るかどうかポイント。次回その具合を説明します。

3図(つら過ぎ)黒1に白2、4は耐えられない。黒5に回られどちらが上手?と言われそう。

http:///

 

ゆっくりと素直な図②

 投稿者:下地  投稿日:2019年 1月15日(火)10時30分49秒
返信・引用 編集済
  1図(早治まり)黒1オサエなら堅く白2には黒3スベリで根拠を持てます。その時は白4と展開し後に白a追及や白b圧迫を含む予定でした。この図は安全だが足遅い感もあります。

2図(白反省)黒ケイマ進出に白1または白aと受けるのが一番素直な手でした。また左下白aナラビもなかなかの本手。どちらも実戦の白cより遥かに勝る。私はcの点は黒根拠と白実利で価値大と判断したがもし黒cなら黒が外に逃げた後なので白×は一本キカシとみて捨てて良い。頭固いですね。

●次に佐々木会長の凄い一手・好手が出ます。打たれた時はそれほどとは思わなかったが・・・

http:///

 

佐々木会長会心の一局①

 投稿者:下地  投稿日:2019年 1月15日(火)10時16分48秒
返信・引用 編集済
  今年初の研究会一番最初の指導碁は佐々木会長です。一面打ちでしたが見事な内容で勝利されました。皆様にも見て頂きたいです。
1図(写真画像)終局時の整地の場面。白50目、黒54目で黒4目勝ち。結果的には微差と言えるが私的には負かされたという印象がありました。

2図:立ち上がりです。白3はワリウチ的な手で新年ゆっくり進めましょう。との気分。手抜きの黒4は「白さんお好きにどうぞ。」です。白5、7ツケノビは手抜きさせない目的が主でしたが黒8、10に対応で丈夫な姿を得て黒不満なし。白11カカリに黒12、14ツケノビは白3の位置が悪いので良い手段。ただ白17カドが守りと攻めを見て白も先ず先ずだと思いました。

・黒18進出は足早。早治まりを目指す別法もあり次回示します。ここで白19は眼を奪う意図ですがしつこかった。まだ序盤なので攻めに拘るのは良くない。白の正しい打ち方も次回示します。

http:///

 

次の一手発表(完)

 投稿者:下地  投稿日:2019年 1月14日(月)23時45分20秒
返信・引用 編集済
  1図:では次の一手を発表します。黒1のマゲです。この手の効果は白△一団の眼形が急に苦しくなること。白は他を打つ余裕なくどうシノグか難しい。

2図(実戦)白2はつらい受けでした。もう一手打っても二眼がはっきりしない。ここで黒3がすこぶる厳しい。左上の白との連絡を絶っています。

白4に無理して取りにいかず黒5~9の対応が憎たらしいほど冷静。白6~白10はどうにでもしてくれとの居直りで仕留めに来させて勝機を見出そうというもの。対し黒11と代償を頂ければ良いとの仕掛けです。白は部分的にも打ちように困る。白12、14は黒15でどうにもならないくらい苦しい。黒19を打った時の長南さん、もうこの碁は絶対逃さないという自信があったでしょう。
●会心の打ち回しでの勝利でした。一つだけ白の立場になって一番しぶとい図を最後に載せます。

3図(左側一帯で最後の勝負)黒1に白2と遁走します。対し黒3から黒7と露骨に来るなら白8と逃げ越すことが出来ます。右上黒9には相手しません。白×は全て捨てる覚悟で白10と左方面に打つ。黒▲を大きく取るぞと言いながら密かに中央の黒一団を狙うのが目的。この図は白にチャンスが来るかも。
・もっとも強引な黒3~7を長南さんが打つわけはない。仮の図でした。

http:///

 

目外しにカタ②

 投稿者:下地  投稿日:2019年 1月14日(月)12時38分3秒
返信・引用 編集済
  研究会にいらした加藤さんからインドネシア旅行土産のインスタントラーメンを頂きました。長南さんからも度々頂いていますが今日はチャーシュー&卵をトッピングしたら歴代最高の出来で美味。日本のインスタントラーメンにはない独特の風味・味覚があります。

次の一手解答の前にジャカルタ囲碁クラブで鍛えた実戦力とAI発想を取り入れた長南さんの序盤を少し紹介しましょう。

1図:白2目外しに対し黒3のカタ。この手は長南さんに私も指導碁で使用したことがあります。手合ではないが棋院指導碁常連のYさんや他の方にも打たれることがあるので一般に有力と認知されている手法なのでしょう。初めて打たれたら驚きますね。

2図:相手の方は白2のハイ。その時は黒3オシが良い手段です。白6、8の対応は妥当ですが手順は違えどナダレ型になっています。
・ここで手抜きが棋風。私が知っている長南さんは手数多き大ナダレ定石は好みではない。白10サガリに対し「黒11と空き隅に先行出来て満足」との感想がありました。これは棋風でもあるが現代感覚は足早な打ち方が重視されています。

3図(手割り)手順は違うが黒1、白2、黒3に白はアキ隅を打たず白4と大ゲイマジマリを打ったことになります。黒5と三隅占めたことは黒のポイント。ただし白大ゲイマジマリに対し黒a、白b以下白fまで露骨に固めたマイナスはどのくらいなのか。昭和の碁界の教えではかなり悪手と習ったので私はスピードは遅れても白相当に見えるが・・・AIは黒の勝率52%と出るのかしれません。皆さんの評価は?

http:///

 

レンタル掲示板
/349