teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 日記(168)
  2. 足あと帳(7)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


死活訂正

 投稿者:下地  投稿日:2021年 5月16日(日)11時22分52秒
返信・引用 編集済
  後から気になり振り返ると見えてくることは結構あります。azusawatai氏との四子局です。

1図:黒▲は不要。ぎりぎり生きていると伝えたが・・・訂正します。

2図:黒1先着可能とし、白2飛び込みは黒3、5で二眼ありと。しかし白6が好手。詰碁筋ですね。この後は・・・

3図:黒7、白8、黒9まで黒取り番のコウが結論です。白死活へも影響するコウですが手入れは必要でした。
◎azusawatai氏にも幽玄の間チャットで伝えました。その際レーティング上がっていたのを確認。嬉しいですね。よろしくお願いします。
 
 

確認&収拾力上達も(完)

 投稿者:下地  投稿日:2021年 5月16日(日)10時47分18秒
返信・引用 編集済
  1図(実戦)白1と左辺断念。黒2分断で取られたが見返りの白3、5も大きいとの判断。またこの手により味が生じ黒は手入れ必要と見ていました。黒6は機敏。白7ツギとなればキカシ。

※ここです。加藤六段今後の課題は。順番としては①先ず左辺が本当に取れているか確認 ②形勢判断 ③盤全体での好所探索
・さっと黒8。これはさらにキカシて三子取りを防ぐ意図だが一瞬の隙。白9が成立。

2図:正しくは黒1取り切りです。白2~6となるが右上黒7に回る。地合い15目はリードしていました。≪いったん立ち止まり盤を冷静に眺める≫大事です。

3図(棋譜)黒132で二子ツグと攻め合い負けなので黒132、134は仕方ないがかなりの損。続いて中央白135は白のポカ。黒136でヨセ勝負へ・・・

◎粗削りだが他の方にない魅力的な棋風に収拾力がつくと相当な強豪になるでしょう。期待しています。
 

崩れ落ちない強さ⑤

 投稿者:下地  投稿日:2021年 5月15日(土)22時46分2秒
返信・引用 編集済
  1図:▲と打ったので白1と最強手で咎めました。黒2~8は抵抗だが黒10が失着。カケツギなら大分違う。実戦は白11、13に黒14が省けず白15、17に二段バネで黒辛い進行です。六段初期の頃はここから坂道を転がっていくのですが・・・

2図:大分手数が進みました。右上~右辺は黒定位になったが中央はしっかり治まっています。特に初期に打った黒Aが心強い位置に。ここまでヨンで打ったなら神の領域ですね。地合いで追いつこうと左下白1三々。白11まで生きたときに黒12が鋭い。へばり付きの黒Bの活用です。

ここで白13は失着で普通に白14と出れば危険なかった。カッコ良きシノギを目指したのが実戦ですが黒14で怪しくなっています。そして白15に黒16と鎌首を突き付けられました。黒イと黒ロの分断が見合いで白ピンチ。
・思い出しました。これに負けたら初の三子二連敗。会強豪からお叱りを受けそうと頭に過りました。続く
 

加藤六段三子局再開③

 投稿者:下地  投稿日:2021年 5月15日(土)22時13分46秒
返信・引用 編集済
  加藤ファンの方々お待たせしました。再開します。

1図:加藤さんは時々定石・定形にない不思議な手を打ちます。その一例が左上で白1~9まで定型ですが黒10二線コスミにビックリ。数年前何かの形でAIが示した二線コスミを思い出しました。黒10は黒aツギなら定石で黒10は良くないと思ったが左上黒への応援になっています。白イなら黒ロで黒〇という連絡が生じるのです。それでも白11と詰めてみたら・・・

2図:右上を黒1オシ。白2カケにも豪の黒3、5出切りと強気。ただ蛮勇ではなく左上隅の黒は強いので棋理に沿っています。黒9と打たれた時に右下方面の黒▲が目に映りました。何か役立ちそうな匂いを感じたのですがそれはまだ先。白12ハネに黒13ツメ。これはやり過ぎでしょう。自然な対応は・・・

3図:黒1、3です。白4にも黒5とマガりたい。左上ですが白6、黒7、白8が気になるが黒9~13で何でも無いのです。この図は▲が上の白一団を遠くから睨んでいて黒a・b・cが次なる狙いとなっています。左辺は黒×の三か所が良い所だが右上●方面削減が白は忙しいので黒が回れそう。
 

ありがとうございました。

 投稿者:azusawatai  投稿日:2021年 5月15日(土)21時21分40秒
返信・引用
  今回も詳細な解説ありがとうございました。
もともと時間切れ負けが確定の状況でしたが、あの場面でも、後ほど形勢判断を見てみたら4目しか違わなかったので、いずれにしても負けていましたが、ご配慮いただき恐縮です。
左下の対応は大変勉強になりました。以前も似たような場面で解説頂いていたように思いますが、物覚えが悪く申し訳ありません。次は対応できるようにしたいと思います。
引き続き、ご指導のほどよろしくお願いいたします。
 

この感触忘れないように(完)

 投稿者:下地  投稿日:2021年 5月15日(土)20時08分58秒
返信・引用 編集済
  1図:黒1でした。これは△への攻めですが右上の黒一団分断への守りも兼ねています。放置して上辺か左辺に踏み込もうかと思ったが黒A。いや黒Bで大きく取られるとデカい。なのでシノギに行きますが黒が主導権を握ります。

2図:白2ツケに相手せず黒3は意外でした。ただ白4~8と治まったとき黒9に転じられ「あっ。」と驚き。黒1、3は下の白でなく上の白△へ圧をかけていたのです。本局は全体をしっかり俯瞰出来ていて感服した瞬間。

3図:白1~17まで進みました。黒10では黒11が良。黒12は手抜きしてもぎりぎり生きているので不要。先に黒15か13なら断然優勢でした。現在はヨセ勝負の形勢。本局は黒頑張り白足りずと見て投了。黒勝利となりました。

◎右辺での損以外は安定感あり辛抱力も感じた好局だったと思います。特に白の手についていかず先に下の白と中の白を分断したのが光る。この感じ忘れないように。次回もよろしくお願いします。
 

見合いとの主張に②

 投稿者:下地  投稿日:2021年 5月15日(土)19時43分12秒
返信・引用 編集済
  1図:白6と助けたとき黒7と分断されきついが直感でした。でも今、並べて検討してみると白8、10対応でやれる。黒がかなり怖い戦いになりそう。黒7で安全策を取るなら白2が勝りました。

2図(実戦)白2と応じたら黒3ハイ。ここで白4は黒6連絡を予想したものだが黒5と頑張ってきます。「むっ。許さん。」と白6だが黒7とかなり地を稼がれました。考えてみると右辺で黒は大損害したのだから地を頑張るのは当たり前。いや白の眼形を奪うことで黒一団の応援との考えでしょう。白8、黒9と進み白も正念場。黒一団をガンガン攻めるか柔軟的に打つか。

3図:珍しく白1和平を選びました。黒2でほぼ連絡ですが無理やり切る手は残っています。そして白3で悩ませようが私の選択です。黒イ、黒ロどちらを受けますか?でした。
・ここです。ここで今までと違う一面を魅せました。もちろん黒イや黒ロではありません。
 

azusawatasi氏開眼局①

 投稿者:下地  投稿日:2021年 5月15日(土)19時26分9秒
返信・引用 編集済
  前回の対局で全体を見ていない。足りないものがある。など辛口コメントをしたのですが本局2つの場面嬉しい反発をされたのが強く印象に残りました。開眼し飛躍を期待出来そう。ではお見せします。

1図:中盤。左下黒×はポン抜きの代償で小さいが右辺▲2つを捨てざるを得なくなったのは相当辛かったはず。まだ弱い黒一団を黒aなど逃げれば調子で白b囲いで楽しみ多きと感じていました。a氏ここで強手を放ちます。

2図:黒1カド。イとロを見合いにしています。実戦は白ロと応じたが白イが良かったかも。

3図:対し黒3、5なら白6、8と連絡します。これは黒空振りですね。黒5で恐れた手がありました。黒8コスミです。続く
 

厚さ背景に反発を(完)

 投稿者:下地  投稿日:2021年 5月15日(土)18時46分51秒
返信・引用 編集済
  1図:黒1~白6と進行。これはこなしたなと感じました。黒1カカリは小さくないが他を優先したい。白2は深入り。なので黒3囲いはあまい。白4は利かない。黒5は大人しい。というのがコメントです。黒は序盤で相当厚くなっているので反発したかった。

2図:黒1は如何でしょう。白2と荒らしに来ても▲は厚いので相手せず黒3と連打します。ここを割られると白は大きな地が出来る場所が無い。後半勝負ですが強気で行きたい。

3図:左辺オシは我ながら何と図々しいのか。黒1と反発したい。白2は黒3と受けて静観します。白4カケツギには黒5とトブ。白は中の一子が寂しくなるでしょう。左下の黒ですが白aには黒b、白c、黒dで完璧生き。

◎Dさんは本局囲い合い勝負を徹底されたが次に厚い序盤を打ったら中盤以降は乱暴なくらい反発を。期待しています。
 

ネット指導碁D氏一場面①

 投稿者:下地  投稿日:2021年 5月15日(土)18時27分26秒
返信・引用 編集済
  加藤さんの指導碁解説の途中ですがいったん休憩。幽玄の間指導碁から一場面を掲載します。先ずD氏三子局。久々でしたが三隅全てお手本・準お手本対応され困った場面がありました。ただ黒もお手本にない大胆手が要求されていた場面かもしれません。ではお見せします。

1図:白△と打ったところ。どこに打つのかわからず取りあえず黒の手を待ちました。ここまでの経緯ですが左下→左上→右上で定石・ほぼ定石形を打たれ続いて左上はその後の削減手段を打ち白が少々地を稼いでいます。ただ黒は無茶苦茶厚い。良い手がたくさんあるでしょう。先ず私が推薦する打ち方2つ示します。

2図:今流行の黒1カタ。白2オシなら黒3とトブ。無責任ですが後は成り行きでお願いします。

3図:黒1大ゲイマ囲いは如何。白2なら黒3で負けませんよと主張。次回実戦進行を。
 

レンタル掲示板
/744