teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 日記(129)
  2. 足あと帳(7)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


六人六様:第二弾

 投稿者:下地  投稿日:2019年 3月24日(日)11時46分6秒
返信・引用 編集済
  1図(Dの方)2図(Eの方)3図(Fの方)

前回投稿の三局も加え全6局。(今井・芥川・佐々木・加藤・乙部・坂爪)さんたちとの対局経験多く棋風を熟知している方なら半分は当てられるでしょう。ただし成長著しい方や棋風に変化が生じている方もいるので結果発表は意外と感じるかもしれない。

http:///

 
 

六人六様:第一弾

 投稿者:下地  投稿日:2019年 3月24日(日)11時33分49秒
返信・引用 編集済
  23日の研究会の指導碁と17日の特訓教室指導碁から6人の三子の方の序盤を掲載します。どの碁が誰の碁か推理して当てて下さい。先ず1~3図に3局。

次の投稿にも3局載せます。なお三子メンバーですが(研究会は今井・芥川・佐々木・加藤、特訓教室は乙部・坂爪※特別対局)1図(Aの方)2図(Bの方)3図(Cの方)

●短手数なので全員を一発で当てるのは高級詰碁と同じくらいムズでしょう。

http:///

 

石の強弱判断(完)

 投稿者:下地  投稿日:2019年 3月22日(金)09時54分24秒
返信・引用 編集済
  1図(実戦)黒1でした。上辺が大きいという目の付け所は正しかったが70点。この手はワリウチ感覚で次に二間ヒラキという手。石の強弱を考えるとかなりぬるい。

左上の黒は『強さある厚み』右上の「白△は根拠ない石」と判断して欲しかった。点数低い理由を追加すると①力を溜めている黒Aを活用していない。②狭いヒラキは黒Bが気になる。の二つ
〇黒1は白に「攻める気無しだな」と軽く見られ実戦白2など侮られる一因となるのです。

2図(模範解答)黒1まで迫りたい。白2ツケには直ぐ受けず黒3を一発お見舞いして黒5。白6は同点に飛ばれるのが大きいので仕方ない。対し黒7と受けて白の動向を伺いましょう。大事なことは×の裾空きをあまり気にしないこと。今後は黒イの模様拡大を兼ねた圧力、黒ロの本気攻め、黒5のノビが来たことで黒aの攻めなどを楽しみとします。

3図(参考)黒1ノゾキという厳しい発想もあります。ただ白2、4と捨てられるでしょう。黒7切りまで結構な実利。白8打ち込みを迎えたあとに上の白を厚みと考えず弱気にならなければ良しとします。

http:///

 

23日(土)は研究会

 投稿者:下地  投稿日:2019年 3月22日(金)01時18分56秒
返信・引用 編集済
  春らしい日が続き公園の桜の木の変化が毎日気になりますね。明日の土曜日23日は研究会です。最近少し人数が寂しいので是非いらして下さい。指導碁をへとへとになるほどたくさん打ちたいです。

プリントは最近打った手合いの次の一手問題と実戦に役立つ基本有益詰碁六題を用意しました。
皆様どうぞ有楽町囲碁センターに。お待ちしています。

1図:今月の指導碁から出題です。某氏四子局【黒番】次の一手をどこに打ちますか。



http:///

 

三子で打てる碁(完)

 投稿者:下地  投稿日:2019年 3月21日(木)00時06分15秒
返信・引用 編集済
  残念ながら黒はこの碁を惜敗。白の攪乱戦法に乱された形で本当に残念。優勢から勝勢の道は楽ではありませんが実戦経験を積めば必ず強くなると思います。

1図:黒1~白10まで実戦。白は右下の黒を捕獲した顔をして中の白まで担いでいます。今見ると我ながら阿漕。ここで冷静に右下の黒一団を助けていれば勝ちでした。

2図:黒1が一番得。白2はやむを得ない。続いて黒3、5と悠々連絡です。さらに黒Aと打つと右下の白か右辺の白どちらかを取る手段まで残っています。
・白は中は動かず右下を白4と手入れし取り切って勝負するのが本当でした。

◎佐野さんは研究会対局で会の六段お二人に勝利されていました。今度指導碁の機会がありましたら是非三子の手合いで打ちたいです。よろしくお願いします。

http:///

 

振り変わりで簡明⑤

 投稿者:下地  投稿日:2019年 3月20日(水)23時41分19秒
返信・引用 編集済
  1図:黒1のツケコシです。力技ですが私の第一感は「白が得」でした。白2~10まで実戦。黒三子は白が捕獲となっています。ただし・・・

2図:黒1アテを打ってから黒3、白4を決めていれば完璧な捨て石作戦となっていました。続いて黒5と中央を囲います。右下の黒一団ですがそのままつながっているところがお洒落。
・こう打たれたら悠々負かされていたと思います。

http:///

 

揺さぶり攪乱する白④

 投稿者:下地  投稿日:2019年 3月20日(水)23時17分24秒
返信・引用 編集済
  1図:左上で白が生きたときに黒1のカタから黒3は好手。いつの間にか中央に黒模様が出現しています。
白は形勢がかなり苦しいので白14まで攪乱戦法をしていますが白10が大悪手。対し黒11は咎め損なった。

2図:白△(1図白10)には黒1ブツカリの一手。そう打たれたら中は全て黒地となっていたでしょう。

3図:かなり進行したところから。ここまで緩着はあるが佐野さんの優勢は不動。今、白△と打ったところ。黒イかロに受けなさいとの意味です。でも見ての通り回りは全て黒。ノゾキはかなり生意気な手で白は先に逃げるべきです。温厚な佐野さんですが「許さん!」と・・・次回

http:///

 

追及手段&本治まり手段③

 投稿者:下地  投稿日:2019年 3月20日(水)09時36分15秒
返信・引用 編集済
  1図:黒1に白2オサエなら黒3ヒキでツケ成功。白4ハイには黒5オサエ。白6補強なら黒7と自然に中が固まり満足。この後、白(12の二)なら生きているが卑屈で悲しい。
白4ハイを許した隅ですが白からハサミツケやノゾキは手になりません。ただし対応する詰碁力は必要です。隅の味悪が気になる方やヨミに自信無い方は黒1でなく実戦の味良い黒4オサエを選んで良いと思います。

2図(変化)白2ハネ出しなら黒3とハネ返します。白4、黒5に続き白イ、黒ロとなる。一子抜いた左側の白に活路はあるが黒●がきつい所にあり苦しい。一般にコスんだばかりの白×二個をもぎ取れば満足と考えます。

3図(本手)この配置では辛抱し早生きを目指すなら白1ブツカリを打つべきでした。黒2立ちに白3、5なら完璧生き。         ・置き碁なら白5で白aハネツギで先手生きを計りそう(本当は死活的に危険残り)

http:///

 

全局的好点を先取②

 投稿者:下地  投稿日:2019年 3月20日(水)08時20分47秒
返信・引用 編集済
  1図:打たれたのは黒1ボウシ。響く石音。ただのボウシではありません。二間へ黒A、Bの一杯ツメ+黒Cの芯まで加わっているので【第一級のボウシ】です。周囲の黒▲も好位置でにらみを利かせている。白が右辺で威張ったための代償ですが、互先序盤だと非勢になるほどの厳しさ。二間なので重く捨てるようなサバキも無理。

2図:外へ進出も当てがないと考え白2と早生きを目指し辛抱しました。黒3~白6と進行したあと黒7!これは素晴らしい絶好点です。その効能は・・・

①左下弱石補強 ②右下の黒と連絡することで右辺の白への攻めがしやすくなる ③中央黒模様化に役立つ。佐野さんが部分のみならず全局を見ている証明ですね。ただプロの眼から見ると少々気になる点あり。一つは黒5、白6の交換です。まだ決めず保留したい。理由は黒6ツケが有効になる場合もあるので。その前の黒3受けは悪くないのですが・・・

3図(互先なら)右上白コスミに黒1なら強烈パンチでした。黒▲二つがこの手を後押ししています。次回その後の変化を説明しますが大事なのは【コスミに受けで有難い】が常識ではない。ということ。なお黒1以外に二線オキも有力。

http:///

 

参考になって良かった

 投稿者:下地  投稿日:2019年 3月20日(水)07時42分48秒
返信・引用
  早速掲示板を見て頂き感謝です。一間バサミに対し『トンでカケ』は個人的に好きな手だがシチョウ良しだと即出切りや羽柴さんに打たれたようにハイの後の分断手段もかなり厳しい。最近は互先であまり見かけないのはそれが理由かもしれません。

やる気が出たと聞いて嬉しい。またお会いする日を楽しみにしています。

http:///

 

レンタル掲示板
/371