teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 日記(174)
  2. スケジュール(3)
  3. 足あと帳(7)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


よろしくお願いします(完)

 投稿者:下地  投稿日:2021年10月25日(月)09時06分2秒
返信・引用 編集済
  1図:白1と担ぐことが多い。その時は黒2と対応し白3ヒキに互先だとツガないで頑張る可能性高いが黒4ツギがお勧め。白5が省けないので黒6と攻める。以下は想定だが天元が働いています。

2図(シャープ手)とても印象に残っている一手を紹介します。ここまで白の手に言うことを聞く展開だったが白1オシに黒2。これは反発手。白3と根拠を奪ったら黒4とハザマ解消。黒AとBを見合いにしてしっかり治まっています。黒2は次に白地へツケ(8の十六)を含む。天元との感じ良いですね。

3図(後半画像)あまい所がいくつかありましたが大きなミスはなく山崎さんの持ち味が出ていました。これからもよろしくお願いします。
 
 

研究会久々参加の山崎さん①

 投稿者:下地  投稿日:2021年10月24日(日)23時59分17秒
返信・引用 編集済
  早く報告したかったがネット指導碁が結構入り嬉しい誤算で遅くなりました。23日の研究会に山崎五段がいらっしゃいました。二年ぶりかそれ以上だと思います。少しずつ情勢が良くなってきたことを肌で実感。来月が楽しみです。先ず佐々木会長との対局画像から。

1図:右が山崎さん。会長の姿が全然映ってなくてすみません。コロナ禍でお世話になった段ボールシールドもそろそろ要らなくなりますように。それと碁盤も本物になることを願っています。♪盤面はどうなんでしょう。双方の石が静かに競り合い「久々ですね。」と語りあっている感じ。

2図:山崎五段との四子局。全然打っていなくても個性的棋風の方は直ぐ勘を取り戻します。厚い棋風の山崎さんの手を予想しながら打ち進めました。
・左下は両ガカリ定石で白13ツギに初の考慮時間。久々対局ですから気持ちわかりますね。

3図(堅ツギ)黒1堅ツギが互先手。対し白2、4と即出切るのは黒5ハネで生きるのがお勧めで先手。白6は省けないので黒7封鎖。白無理を咎めています。
 

攻め継続の難しさ(完)

 投稿者:下地  投稿日:2021年10月24日(日)23時29分5秒
返信・引用 編集済
  1図:「模様が大き過ぎて打ち方がわかりませんでした。」S氏の感想でしたが確かに大き過ぎて ①白をガンガン攻めていくのか②いったん地に切り替えるのか③模様を囲って勝負するのか。状況判断が相当難しい局面です。私が黒でも長考の連続になりそう。

黒3と一度退路を断つのは賛成。白4逃げに黒5カタもモタレ攻めで頷けます。続いて白12までの展開になったのは嬉しかった。黒は地で勝負へと切り替えたが少し早かったと思います。

2図:シノギ派なので自信は無いのですが黒aオサエで黒1ツケは如何でしょう。白2なら黒3と対応し中の白を睨む。この後どうなるか不明だが右辺黒へは黒イ~二まで利きがあるので白から手が出しにくいので黒厚いという考え。乱戦になりどこかでコウが起きれば右下は黒ロからのコウ立てが4つもあるのが心強い。

◎S氏は手厚い棋風なので二子と先との違いの大きさにまだ慣れていないのでしょう。お疲れ様でした。次回をお待ちしています。


 

疑問手を咎める捨て石策②

 投稿者:下地  投稿日:2021年10月24日(日)21時09分57秒
返信・引用 編集済
  1図:白1ノビは三々ツケを重くしてサバかせない意図でしたが黒2、白3に続き隅を生きに来るわけがない。当然黒4と切る。白5サガリに黒6ハネ一本で黒8とオサエたのがうまい。以下攻め合いは白勝ちですが手数が増えたので黒は捨て石活用へと進んでいきます。(白7で対抗策を探したが妙案浮かばず)

2図:白1抜きに黒2ツケ。抵抗出来なず白3~5だが黒6~10と厚く来る。白11に黒12切りが手筋。白13との交換はキカシです。ところが黒14、16と後手になり白11消しの進行。黒断然良しから一転、好勝負の局面です。

3図:局後の検討でSさんならこの場面中央を打つならどこですかと伺ったら黒1を示されました。私と同じです。下はキリ一本で放置して良かった。白2ナラビが部分的に良い手だが相手せず黒3とさらに中を広げます。白×と飛ぶ手は遠慮なく黒a分断で持ち込みになるでしょう。前の▲厚みが控えているし右の黒イ、白ロも利いています。

・もし黒1と打たれたら青褪めていたはず。どこか消しに向かうしかないが黒の主導権が続いていたでしょう。先での勝利確率高くなっていたと思います。
 

S氏・先の一局①

 投稿者:下地  投稿日:2021年10月24日(日)18時46分31秒
返信・引用 編集済
  S氏との直近の指導碁勝敗は私から見て(二子〇●●→先〇→二子●●●)となっていて今回二度目の先指導対局となりました。

1図:黒9・11・13と二間がS氏の持ち味。ただ『二子と先では大分勝手が違います。」と前の先対局を終えたときに感想がありました。黒15が独特の中央感覚。白16と右下に回り白で満足したが黒17カケで厚く打つ方針。

2図(普通)黒1ツメを選ぶ方が多いでしょう。その場合は白2、黒3となりそうです。そこで白4と飛ぶ予定でした。このトビを許すと上と右の白△が圧をかけてくる。黒打てると思うがS氏の棋風には合わないかも。

3図(実戦)▲から黒1カケ。黒7まで手厚い。ただ二子局と違い白8が絶好点。×も匂わせて白不満ないなと思ったら黒9ツケ。対し白aと平易に応じるべきでした。黒bなら白cで依然白×が残っています。白aに黒イなら白ロが好手。
・ツケはやり過ぎと直感し白イと反発したが・・・
 

惜敗局(完)

 投稿者:下地  投稿日:2021年10月24日(日)16時39分34秒
返信・引用 編集済
  1図:黒1囲い。この一手でした。白2両ガカリにはいろいろあるが基本的に早治まりが黒模様への影響を避けて上策。なので黒9まで優。白10様子見に対し黒11切りでは黒aと澄ました囲いで十分でした。黒11切りは白12、14で難しくなりそう。続いて黒bハネでしたが・・・

2図:黒1とノビたかった。黒5まで必然だが白6は省きにくい。そこで黒7と囲います。白8、10には大人しく黒11。

3図(コウ立て多し)最後の最後で左下で10目ほどだが勝敗に関わるコウ争いが勃発します。その時に右上の取られた黒へコウ立てがあるかが大きなポイントでした。実戦は利かないと判断されてコウ立てしなかったが黒1に白2(架空図)とコウを解消すると黒3ツケで手になります。白4とコウを避けると黒5~9まで生きてしまう。

◎この隅にコウ立てが多いと白は苦しかった。惜しい一局でした。またよろしくお願いします。


 

察知能力②

 投稿者:下地  投稿日:2021年10月24日(日)16時22分2秒
返信・引用 編集済
  1図:黒11~15は手厚い。次に白aなら無難だが白16を好所打ってみました。黒17、19は生きを計る手。ただ白20追及に手が止まる。黒21は繊細。左の黒一子に配慮し活力を残したいという手でしょう。
対し白22はしつこいキカシだが今の打ちに決めたい。対し黒b受けなら味良い生きですが不満と見た気持ちわかる。黒23ハネは好手だと思います。白bオキで隅は少なくともコウにはなるが×断点も生じ攻め取りになるかも。
今攻めるのは得策でないと取りあえず左上白24とカカったが・・・黒考慮時間。そして打たれたら白が嫌だなという手を打つ。それは次回お見せします。

2図(予定)これが白の希望・予定でしたが・・・G氏は察知能力に優れています。
 

幽玄の間G氏一場面①

 投稿者:下地  投稿日:2021年10月24日(日)15時42分7秒
返信・引用 編集済
  13時40分のG氏五子局。久々ですが初対局のとき見事に負かされています。本局も大きな黒地を囲われ最後まで苦しかった。その序盤一場面をお見せします。

1図:左下黒4の三々は白6カケを誘い分断し戦うのが目的。天元が気になり今回は白5と避けたが次局で似たような場面で三々を打たれ挑戦されたら逃げずに戦いたいと思います。黒16までのワカレは互角に近いが私は白5ノビ切りに惚れ、G氏は黒4、6二つ打てて黒16も好形なので不満無しでしょう。
白19カカリに出ました。G氏の得意技黒20カケです。会の島さんも愛用しているが五子は有力だと思います。対し白21カケ返し。予定していた図がありました。

2図(白の希望図)黒1、3出切りで黒良しが定説。双方一子取り合いは黒が少し勝るとのこと。ただ白4を予定していました。黒5、白6と進みます。ここで無難は黒イ、最強は黒ロ。私は経験なく未知ですが▲模様を小さく出来そうだと。ところがG氏は・・・

3図:黒1!白2にも黒3と中央重視です。隅もカタの黒も場合によっては捨てる意図でしょう。次に右下隅を鍵かけられたら大変なので白4削減を急ぎました。以下白10まで双方不満なし。
 

キカシ連続はご注意を(完)

 投稿者:下地  投稿日:2021年10月24日(日)15時19分9秒
返信・引用 編集済
  1図:もう一本黒1と這う。オサエは無理なので白2。そこで黒3と上をノビる。白4受けは仕方ない。ここまで打って黒5なら大分違いました。白6で×確保だが実戦の黒7打ち込みが良い手。白8ツケコシは黒9~13と対応し白地は膨らみません。

2図:数手進み白1フクラミに回り希望の光が見えました。まだ遠い話だが左上黒への寄りつきの可能性も含んでいます。ただ次の黒2トビが好点。右辺白一子を逃げると上の白地が荒れるので白3は苦心の囲い合い宣言です。

ここで実戦は直ぐ黒8ハザマと対応したが黒4とツイで見るのがタイミング。白5、7が受けの型だが先手で6を占めたのが大きい。黒8、10と頂いて大きな黒地でした。実戦は白6ツケにキカされ不満と反発し大変化に・・・

3図:こうなりました。白は右下差し上げて(約25目)中央拡大へと望みをかけ白1とオシたところ。黒2、白3は機敏なキカシ。続く黒4が軽率。手抜きされ白5ハネで形勢急接近。黒5とノビる一手で白が囲うけど右下の黒地も膨らみます。黒4より左上黒Cがヨセとして勝る。

◎キカシは先手で得ということで私も好きです。ただ指導碁の場合下手が何回もキカシに行くと揚げ足を取られたり、後手になることも多い。一つ利かしたら次の急がないキカシは後回しが良いですね。
・お疲れ様でした。次回もよろしくお願いします。

 

捨て石策構想②

 投稿者:下地  投稿日:2021年10月24日(日)13時28分21秒
返信・引用 編集済
  1図:黒1と高圧前に打たれた時も良い手でしたが今回もなかなかです。外へ出にくいので白2と堅く受けたとき転身も柔軟。直ぐ黒a封鎖は白b、黒c、白dといきられもったいないしあまい。黒aの背景が下辺白が治まっているので活かしにくいのです。黒cと眼を奪い焙り出す可能性もありますから。
以下黒19まで進行。黒×を捨てる作戦を選んでいますが有力だとおもいます。ただし黒19はぬるい。

2図:黒1と今、打ち込みたい。白2切りは黒3,5で平気。白5ハサミツケはあるけどこの段階では心配不要。

3図:白1ノビは重いけど頑張ってみました。黒×を動けば戦いになります。sると黒2、白3の交換から黒4ツメ。大きな白5オサエに黒6と『我が道を貫かれています』対し普通は白イ飛びや白ロツケで挨拶しますが黒▲がガチガチに堅いのでどちらも白に実入りがない。
そこで手抜きして白7ツケコシ。この手は上辺白地拡大が目的。
・黒4ではドライに上の白を小さくしたかった。次回示します。
 

レンタル掲示板
/826